8月1日(火) おおすじ微妙?

独り言

 映画『ゲド戦記』が公開されて、ちらほら感想やパロディネタ等が見られる様になって来ましたが、何と無く好評価って訳では無いみたいですね。未だ映画自体未見なので細かく感想を読んだ訳ではありませんけど。
 ただ、微妙な出来だったというのであれば、先月何処かの駅で見掛けた『読売新聞は、おおすじゲドの意見に賛成です』という広告にも納得が行くというものです。公に対する広告で『おおすじ』なんて大雑把な事書いて良いのか、と思いましたが、出来がアレな事になっているなら仕様が無いですし。
 いや、例え出来が微妙でも、広告でそんな事――しかもジブリ作品に対して――書くなんてのは、中々センスとか度胸とか無いと出来ない事だと思うんですけどね。読売ジブリの間に何か有ったのか勘ぐりたくなる位です。


8月2日(水) 素直に3出して下さい、3。

ゲーム:シェンムーオンライン

 4GamerでChinaJoyで公開されていたらしい12分にも及ぶTrailer公開
 感想。う〜ん、微妙。

 ジョブの項で紹介されているデザインが全部女性だったとか、街中の移動画面のフレームレートが微妙だったとか、戦闘がどう見ても大味っぽいとか、気になる点は幾つか有りましたが、何よりも『らしくない』というのが一番大きかったですね。
 シェンムーと言われればそんな気もしますけど、デモシーンでシェンムーキャラが出て来なければ、『数多有るMMOの中の1つ』位にしか感じられませんでした。

 そもそも個人的に考えるシェンムーの良さは、馬鹿みたいな数のNPCが配置された馬鹿みたいにリアルな町並みの中で、喧嘩したりストーキングしたり家に入ろうとするサラリーマンの進行を阻止してみたり500円の小遣いを握り締めてガチャポンを愉しんだりゲームセンターに通ったり猫に餌やったり倉庫に忍び込んだりといった馬鹿みたいな生活を楽しむ馬鹿な箱庭空間をオフラインで提供するという馬鹿馬鹿しさに感じていたので、オンラインになった時点で魅力半減なんですよね。
 MMOならば、街が広いのも人が多いのも――詰まりは、箱庭が広いのは当たり前の事じゃあないですか。出来る事が多いだとか、広いといったのはMMOに求められる絶対条件なので、別にシェンムーである必要は無い。ならば、オンラインになる事でシェンムーらしい何かが増えたかと言うと、これまたMMOならば当然のキャラメイクが増えた位ですし。
 結局、これもネームバリューとしてその名を冠しただけなのか。そうなのか。え?


8月3日(木) ゲバルの方向性は未だ不明。

今週の範馬刃牙:第34話 海の賊

 今週の展開。
 純の尿を気にせずマウス3兄弟が踵落とししまくったけど、純は踵落としを気にしないで風を呼んで血化粧しました。
 終わり。

 成る程、この流れはゲバルの強さエピソード(例:それはそれは見事な打岩でございます)だったんですね。いつも以上に理解に苦しむ展開も、全てゲバルを際立たせる為だったと、マウス3兄弟の登場も、マイケルを虐める為や刃牙を怒らせる為では無くゲバルに噛ませる為だったと、そう考えれば合点がいきます。刃牙やマイケルを主軸に考えていた所為ですっかり目が曇っていました。相撲取りとの勝負?何の事です、それ。


8月4日(金) しかし本当にでかい。

雑談

 でっかいガンダム発売決定
 いやあ、流石は1/12サイズ、本当にでっかい。比較対象と並ばさせるとその大きさが伝わって来ます。全く誰が買うんだこんなでっかいのと思いきや、同サイズのザクは1500体も売れたらしいので、きっとこれもそれに近い数が売れるのでしょうね。
 1500の1.5mガンダム軍団と1500の1.5mザク軍団。一堂に会せばさぞや絶景だろうなあ。そしてその3000の軍団に我らジャパニーズが誇る二足歩行技術を搭載して、ホルストヴェッセルの歌を歌いながら、みんなで遮に無に突ッこむんです。楽しいですよ、きっと。

 なんて最後の大隊的な冗談はさておき、これで本当に遠隔操作出来る稼働装置が搭載されていて、BB弾を発射出来る様な銃を装備させる事が出来たなら、一寸したガンダムファイトが出来るなと思いました。そんなもの作った暁には、米の人達も北の人達も黙ってはいないでしょうけど、PS2とかPS3だって似た様なものって事でさ(でさ?)。


8月5日(土) ここでチラッと見るかどうか。

独り言

 本当にどうでも良い話ですけど――詰まりいつも通りですけど――この日記を書く時は、大抵本文(この文章)を書いてから、日付隣の一言コメントを書いています。詰まり、日付隣のコメントはその日の本文のまとめだったり補足だったり、或いは本文に対する自身での突っ込みだったりする事が殆どなのです。
 何が言いたいのかと言うと、この日記を読む時は本文を読んでから日付隣のコメントを読む事をお勧めします、という事です。まあ、どっちでも良いんですけどね。例外も有りますし。


8月6日(日) 大ゴマも減らして頂きたく。

漫画:『NARUTO』34巻

 中身は『A型じゃないカブト』〜『サスケ、オロチ丸達と消える』まで。

 段階を踏まずにさっくりと感情が戻ったサイの動きに今一ピンと来なかったり、久しぶりに登場したサスケの新コスチュームが今一微妙だったり、強さの尺度が前にも増してアレな事になってて誰がどう強いのか今一分からなかったり、いつもの事有る度に名場面的なコマの回想を入れてはページを埋めてみる仕様が今一鬱陶しかったり、今一尽くめの一冊でした。

 今更アレですが、この作者は戦闘に絡む行が(キャラの強さ描写を含め)下手なのだと思います。折角のアイディアや設定を潰す様な新キャラ、或いは新技を出したがる悪癖が有ったり、大技を使えるだとか強い血統だとか○○をも凌ぐだとかだけで強さを説明してみたり、要所で適切な噛ませ犬を出さずに戦力差の激しいボス戦だけで話を進めてみたり、色々設定が有るのに一々大味なんですよね。
 それらが良さだ、と言われればもう書く事も無いんですけど、再不斬戦やシカマルの頭脳戦に見られる忍法を駆使した細かな戦闘も描ける人なので、攻撃力が全てではない戦闘をもっと描いてくれれば良いのにな、と思います。それと回想コマをもう少し減らして頂きたく。


8月7日(月) 何れにせよお美事に御座います。

独り言

 休憩時間にイタリアンレストランで同僚とパスタを食べていた時の話さ。
 向かいに座った同僚の方に視線を向けると、レジカウンターから通路に出る出入り口が見える席に座っていてね。
 パタパタと行ったり来たりする店員のお姉さんの姿が、意識しなくても視界に入って来たよ。
 だからね、それを見たのは単なる偶然だった訳だ。
 いやね、カウンターの奥から小走りで出て来たお姉さんが、その足を乗せた1m四方位のマットレスが滑った所為で、豪快に、且つ漫画的に転ぶ様を見てしまったんだよ。
 それはもう見事な転び方だった。
 マットレスを思いっきり蹴り上げて、お尻からぼてっ、とね。
 本当に漫画的で驚いたけど、その後の動作も実に漫画的でね。
 他のお姉さん達が駆け寄る中、床に打ち付けたお尻を撫でながら恥ずかしそうにしているお姉さんを見てこう思ったんだ。

「おお、ドジッ娘」

 とね。

 うん、それだけだ。

余談

 それから帰るまでの間だけど、お姉さん達は皆そのマットレスの上を恐る恐る通っていたのが印象的だったよ。
 少しでも勢いが有るとツルッと行くみたいでね。
 でも、だったら、いっそそのマットレスを退けてしまえば良いのに、と思ったよ。退けない理由でも有ったのかねえ。


8月8日(火) 何かというと記憶喪失ですよ。

漫画:『エクセル・サーガ』14巻、15巻、16巻

 結局、何処の本屋でも14巻が見付けられないまま16巻が出てしまったので、Amazonでまとめて買ってしまいました。
 中身は14巻が『エルガーラ、公園で泣く』〜『未来の高級船上ホテル轟沈』まで、15巻が『イルパラッツォ、渡辺宅に降臨』〜『古い知人同士の再会』まで、16巻が『また記憶を無くしたエクセル』〜『蒲腐博士氷漬け』まで。

 流石に3冊もまとめて読むと話が進展した事を感じましたけど、3冊もまとめて読むと独特のテンションに負けて疲労感みたいな物も感じましたね。決して不快な疲労感では無いんですが。
 と言うか、いつもギリギリなネタが多くてアレなのに、今回はギリギリを越えた(要するにアウトとしか思えない)ネタが入ってて益々アレでした。いや、本当にどうなんでしょうね、あの無人島の怪僧は。シルエットで『何この異端審問官?』と思わせておきながら、顔で『嗚呼、あのバッターJAN』と見せかけつつ、キレるとやっぱり血の教典てどんな多段変形ですか。『神と同等の地位を得て使徒等も自由に動かせる立場にあり 裏では血の教典』『最強だな…』なんて思っちゃいましたよ?心の準備が出来る前から『超力招来』とか言っちゃってるし、どう考えてもアウト風なんですけどセーフなんですかね?ま、載っている以上セーフなんでしょうけど。

 後、どうでも良い話ですが、この漫画もやたらと記憶喪失をネタにするなあと思いました。
 過去にエクセルが1回とメンチが1回、今回ハイアットが1回に再びエクセルが1回。何処の北斗の拳ですか。


8月9日(水) 意味?無ェ!

小話

 名台詞を中途半端に片言英語にして駄目にするエクスペリメント。

  • 「アイウィッシュ海賊王!」 By.麦わらのルフィ
  • 「先生はストップと申しておらぬ」 By.牛股師範
  • 『柿右衛門ペイ鉄扇』 By.シグルイナレーション
  • 「アーユーセイなまくら」 By.九郎右衛門
  • 「ウィーアー神の代理人 神罰の地上代行者」 By.アンデルセン神父
  • 「現在は一瞬のうちに過去となり!誰もがいつかは死に!」「運命は人智をこえて荒れ狂う!それが当然だといわんばかりに!!」「アイヘイトそんなこの世のオール!」「アイヘイト熱力学第二法則!!」 By.ノヴァ教授
  • 「あーん!スト様がダイ!」 By.読者
  • 「ユーアーナイススタンド使い…殺すのはおしい」 By.DIO
  • 「ノー!「限界」だッ!プッシュッ!」「『ナウッ』!」 By.吉良吉影
  • 「オ オレは ハウメニー死ぬんだ!?」 By.ディアボロ
  • 「そしてイッツ『ハッピー』であるッ!」 By.プッチ神父
  • 「明日ってナウ!」 By.ポコ

 日本語の素晴らしさを再認識しますね。勿論嘘だけど。


8月10日(木) 人死にが無いと寂しい背表紙。

漫画:『鋼の錬金術師』13巻、14巻

 中身は13巻が『エド、食われる』〜『親父殿はホーエンハイム?』まで、14巻が『強欲なリンさん』〜『中尉に銃を返したい』まで。

 見事にしてやられました。
 今まで『親父殿=ホーエンハイム』だという予想に対して何の疑問も抱いていなかったので、14巻冒頭でそれがあっさりと覆された時は『やられた!』と本当に思いましたね。シルエットの親父殿を見る度に『ホーエンハイムの癖に』とか思っていたのも、ピナコ宅を出るホーエンハイムを見ながら『そりゃ親父殿だからなあ』とか思っていたのも、全部作者の思い通り『そう思わされていた』に過ぎなかった訳です。本当に、見事なまでに誘導に乗せられてました。嗚呼、思い込むとは何よりも恐ろしい。
 しかし、これでまた謎が1つ。親父殿ではなかったホーエンハイムが、何故に老いないのか、何故に死なないのか。アニメ版の実は身体は駄目ってる、という設定と一緒で無ければ良いのですが。
 取り敢えず、現状出ているヒントだけで考えると『西の賢者』辺りが怪しいんですけど(『東』が親父殿)、また下手にあれこれ考えると罠に嵌るからなあ、と一寸身を引いたり引かなかったり。

 閑話休題。

 やっと明らかになったヒューズの言葉の意味ですが、真意がそれならば『軍がやばい』じゃなくて『軍はやばい』って言えば良かったのに、と思いました。昨日のネタ風に書くと『軍イズやばい』。これなら通じたのに。


8月11日(金) だけど、しかし、いや、ひょっとして。

小話

A 「昔ガチャポンに嵌った時期が有りましてね」
B 「あー、あの100円入れて回すアレですね」
C 「そう言えば、あれの正式名称は何て言うんでしょう」
A 「え、ガチャポンじゃないんですか?」
C 「やっぱそうですかね。地元ではガチャガチャで通ってましたけど」
A 「確かに、子供の頃はガチャガチャでしたね」
B 「え、俺子供の頃『Pカップ』って呼んでましたけど」
AC「Pカップ?」
B 「Pカップ。何でそう呼んでたか分かりませんけど」
A 「カップは形で何と無く分かるんですけど…P?」
B 「P」
C 「胸だとしたら色々通り越して駄目ですやね」
AB「その発想は無かったわ」

結局Pは何のPなのかという話

 Google先生に訊いてみても分かりませんでした。

「『Pカップ』…ってよォ〜」
「『カップ』ってのはわかる…」「スゲーよくわかる」「容器はそういう形しとるからな…」
「だが『P』って部分はどういう事だああ〜っ!?」「Pが何の略か分かるかっつーのよーッ!ナメやがってこの言葉ァ超イラつくぜェ〜ッ!!」「Pの意味が分からねえじゃあねーか!略なら何の略か教えてみやがれってんだ!チクショーッ」

 仕様が無いのでギアッチョの如く暴れるソリューション。
 まさかガチャポンのポンの部分じゃあるまいね(ポンと出て来るカップ…え、嘘?)。


8月12日(土) 麺は後で美味しく頂く予定。

雑談

 疵が多い、カメラ機能が無い、持ち方次第で電源が切れる等々の理由により、永延『買い換える予定』と言い続けて来た携帯電話をついに買い換えました。ヤバさを感じてから1年半。長かった。

 購入したのは、SharpSH902i
 理由は値段及び事前に調べていたベンチマーク結果、それとプリインストールの『みんなのGOLF モバイル2』が地下鉄待ちの際に楽しめそうだった、という辺りですね。今ならば902isも出ていますけど、それ程最新機能だとか新型である事だとかに興味は無いので、最初から選択肢には有りませんでした。
 使用感については、今のところ特に不満無し。
 下調べ通りレスポンスも悪くないし、日本語ソフトも特に問題無し。movaからFOMAへの移行という事で一部煩わしい設定変更は有りましたが、それは必要作業だから仕様が無いでしょう。
 唯一気になっているのは、ジョグダイヤルに慣れ過ぎた所為で、ジョグダイヤル抜きでの操作が中々身に付かないという事ですね。あの操作感が凄く好きだったのですが、何でも現在はSony Ericsson自身もう採用していないらしいので、諦めるしかないというのが残念なところです。

余談

 今回の機種交換に際し、何故か『北海道ラーメンセット(醤油、味噌、塩)』を貰いました。
 余りにも携帯と無関係な品物だったので、どういう意味が有るのか確認してみたところ、「DOCOMOショップの店舗毎に別々のプレゼントキャンペーンを実施しているので」との事。が、何故ラーメンなのかという問に関しては「何ででしょうね。企画した者じゃないと分かりません」と、店舗内にも知らされていない様でした。一応「ラーメンなら、嫌いな人が少ないからでしょうか」なんてお姉さんが言っていましたが、それにしても携帯電話とは無関係過ぎます。じゃあ携帯電話と関係有る食べ物って何さ、と訊かれても困りますけどね。そもそも食べ物自体携帯電話とは余り関係無いですし。


8月13日(日) どうせ焼鳥屋か焼肉屋かモンテローザ

飲酒メモ

 何も無くたって人は酒を飲むんだから、盆になったらそりゃ当然の様に飲みますよね。という事で飲んで来ました。

本日の理由:盆休みで仲間内が揃った為。
本日の面々:O太氏、エロ原氏、T橋氏、I君、Y女史、H女史
本日の飲酒:カシスグレープフルーツ×2 (許容量)

 今日の飲み会とは一切何の関係も有りませんけど、今日から飲酒メモのフォーマットを若干変更しました。変更点は見ての通りで、メンバーの項目を増やしただけです。1人で飲む事は先ず無いので、この項目は必須だったかな、と。最初は飲みに行った店の名前も書こうと思いましたが、行動パターンが特定されそうなので思い留まりました。特定されて困る訳でも無いんですけど、気分的に。


8月14日(月) それ位すぐ気付きそうな物なのに。

独り言

「きょうものすごい」「おそろしい体験をした」
「おっどうした!?」「朝 起きたら虫になってたとかか!?」
「そ それもこわいなあ」
「いいから先を話せ」
「夜 部屋に一人っきりの時…」「どこからともなく…」「お菓子を買ってないのに甘いにおいがしてきたんや…」
「こわぁー」
「そうやろ?」

補足

 チョコレートやクリーム等の甘い物が嫌いな為、お菓子を買う事も部屋に持ち込む事も殆ど無く、それ故に自室に甘い匂いが漂うという事は基本的には起こり得ないと思っていただけに、その自室で甘い香りを感じたので少し驚きました、という話。
 この時期、エアコンを付ける為に窓を閉めているので外から香りが入るって事も無いですし、帰省している弟がわざわざ自分が仕事に行っている最中に部屋に入り込んでお菓子を食べ、そのままにしていったというのも考えられませんしね。
 結局、香りの正体は数分前に一口飲んで蓋を開けたままにしていたジャスミン緑茶だったというオチでした。慣れない物を買うとこれだから(普段は烏龍茶)。


8月15日(火) 野心がモルヒネのように激痛を麻痺させているのだ。

独り言

 ウソップ呪文スペル再び

 またやってしまいました、失敗忍法『何かの角に足の小指を全力突進』の術。
 今回は右足の小指を――宅内なので靴下を履かぬ無防備状態のまま――踏み出す勢いに乗せて棚の角にそぉい!とインパクト。その時の痛みたるや、一寸ハイになって笑う位で御座います、いつも通り。
 お陰でまた爪がアレな事になるは、床はルミノール反応を試したら輝きまくりそうな事になっているは、アレな事になった爪を切ろうにも痛くて出来ないは、アレな事になった爪が何処かに掠れるだけで痛いはの激痛カーニバル大開催ですよ。
 ただ、余り痛がるのもみっともないので、声を一切出さずに床の血を拭き取りながら『野心である』とかナレーションを入れて遊んでました。仲間内の家でやったら面白かったろうなあとか思いながら(迷惑)。


8月16日(水) 最初に思った事。

小話 1

A 「て、てぇーへんだーてぇーへんだー」
B 「何だ騒がしい、一体何がどうしたのかね」
A 「た、たたた太陽系の惑星が9個から12個に増える可能性が出て来たんでさあ!」
B 「太陽系って…水金地火木土天海冥のアレかね」
A 「ええ、アレでさあ!」
B 「3つも増えるのかね」
A 「ええ、3つも!」
B 「って惑星っていうのは一気に3つも増える物なのかね。何かの天変地異かね」
A 「そういうんじゃなくて元から有った物を新たに加えるって話でさあ!」
B 「何が増えるのかね」
A 「…月と日と…なんでしょうね」
B 「…裏地球?」
A 「それだ!」

小話 2

A 「て、てぇーへんだーてぇーへんだー」
B 「何だ騒がしい、一体何がどうしたのかね」
A 「た、たたた太陽系の惑星が9個から12個に増える可能性が出て来たんでさあ!」
B 「太陽系って…水金地火木土天海冥のアレかね」
A 「ええ、アレでさあ!」
B 「3つも増えるのかね」
A 「ええ、3つも!」
B 「って惑星っていうのは一気に3つも増える物なのかね。何かの天変地異かね」
K 「話は聞いたぞ。それは天変地異の前触れだ。人類は滅亡する!」
AB「な、何だってー!」


8月17日(木) で、刃牙は?

今週の範馬刃牙:第35話 風

 もうマウスの分析が一々尤も過ぎるので、そのまま引用します。

「意表をついた登場ッ」
「風車のオモチャ」
「放尿ッ」
「風…ッ」
「泥のメイクッ」
「この中に一つでも」
「実力と呼べるものがあるかッッ」
「全て演出にすぎないッッ」

 その演出に悲鳴を上げたりギョッとしたりしてたの誰よって話ですけど、今週の展開を見て本当に今までの流れは完全に全く無意味だなと思いました。いえ、見てる側から無意味なのは重々理解していたんですけど。
 強引に――じゃない、好意的に解釈するなら、前転=風車=風=今回の一撃のイメージ、メイク=海賊らしさをアピール、放尿=唇の尿ブレンドネタの為の前振り、と受け止める事は出来ますけど、3週もかけてやる事じゃあ無いですよね。尿ネタ多過ぎるし。小学校低学年位なら大はしゃぎするかも知れませんけど、小学校低学年位はこの漫画読まないと思うのですが如何なものなんでしょうか。


8月18日(金) 竹頭木屑的な。

独り言

 TVで見掛けたAOKIの社長(の報道発表の様子)がやたら濃かった為、あんな人が側に居たら鬱陶しい事この上無いだろうなあとか、あの社長の芝居っぷりが煩わしくてフタタコナカと組んだのだろうなとか思ったりして、Google先生に同意見が無いか確認したところさっぱり同様の意見が見付けられなかったので気の所為だと割り切る事にしたんですけど、一晩明けてから考え直してもやっぱりあの濃さは異常だと思ったので改めてGoogle先生に手を変え品を変え訊いてみたのに結局同意見が見付からなかった為、この日記に書く事で『AOKIの青木社長は濃い(正直に書くと『青木社長は濃過ぎる』(オタクっぽく書くと『青木社長は濃ゆい』))と思う』という事をGoogle先生に覚えて頂く事にしました。何時か出逢うかも知れない同志の為に。…なんて大義名分さっぱり有りませんがね。

全く以て同じ理由でもう1つ書いておく

 小西真奈美はヒヨコに似てる。


8月19日(土) 扉絵のルーシーが素敵。

今月のSTEEL BALL RUN:#17 敵はどいつだ?

 ジャイロは一難去ると馬鹿な事を言い出す傾向が有る様で(例:リンゴォ戦の後の『そこちょっと失礼ィィィィィ〜(指の形が4→2→0)』)、今回も今回で突然『チーズの歌』とか歌い始めた訳ですが、何が可笑しいってジャイロがやたらハイテンションなのに対し、ジョニィがいつも以上に冷静なのが面白過ぎます(画的にも)。しかも単に社交辞令でジャイロに合わせているだけなのかと思ったら、一緒に歌ったりしてるし。話の流れを断ち切ってまで何してるんだ、この2人。

 さて、馬鹿なネタをやりつつも、エコーズ擬きとの戦闘開始。
 やっぱりどう考えても正体はヒガシカタで決まりだと思うんですけど、今回は結局正体不明のまま。突如乱入のドット・ハーンに関しては、エンジン音だけ聞いてブルドーザーだと認識できるように、噛ませ犬の類だと認識出来ました。だって顔がガウチョなんだもん。優勝候補の一角として第1話から顔と名を明かされて幾星霜、漸く出番が回って来たと思ったらこんな扱いだなんてあんまりだ。

 閑話休題。

 カラーページで載っていた『ジョジョの奇妙な冒険 ファントムブラッド』の画面写真に、ダイアーさんが載ってたので笑ってしまいました。しかも今正に噛まれようとしてる瞬間の素敵シーンが2枚も。
 流石は今このタイミングで第1部をゲーム化しているだけの事は有ります。よく分かっていると言うか、実に馬鹿です。こんなのを見せられたら買うに決まってるじゃあないですか。絶対買います。

独り言

 一寸遅めの夏休みを貰い、今日から4連休で素敵な気分。
 そして休み明けの23日からは9月3日位までは、週休返上のデスマーチに突入予定で憂鬱な気分。

「誰も彼も嬉々として」「地獄に向かって突撃していく」
「きっと」「誰も彼も嬉々として死んでしまうに違いない」「誰彼たそがれの中で」

 如何にこの4連休を遊ぶ抜くかがポイントです。大真面目に。


8月20日(日) 焼サーモンとえんがわが好きで喃。

日記

 エロ原氏、T橋氏、Y女史らと『かっぱ寿司』に行ったんですよ。
 いやね、あの寿司屋が『ハンバーグ寿司』だの『えび天にぎり』だの謎のメニューを出している事は前から知っていたんですけどね、今日行ったら『とんかつ寿司』だとか『豚トロ寿司』だとか、益々『それって寿司ネタか〜?』的な物を出してたんですよ。でもそれらはまだ握りの上に乗ってるだけ実はマシで、家族連れが増える時間(12時頃)になったら、『たこ焼き』が流れて来たんですよ。普通に普通のたこ焼き。丸いアレですよ。寿司ネタとかどうとかじゃなくて、そもそも寿司じゃ無いんですよ。おかしいでしょ、それおかしいでしょ。寿司屋がたこ焼きっておかしいでしょ。
 なんて事はちっとも思わず、『まァ、ファミレスの一種だしなあ』とか思いながらお茶を啜る麗らかな日曜日を過ごしましたとさ。


8月21日(月) イタイけれど。

今月のバキ外伝 疵顔スカーフェイス:第19撃 顛末

 素晴らしきフババンゴ(仮)は集団催眠の使い手でした。ウボァー。

 園田警視正復活の喜びも月までぶっ飛ぶこの衝撃。
 最早、ねじれ屈折した精神構造を利用するドリアン海王の「現実のわたしはここにいる」催眠なんか目じゃないですね。『相手の脳が作り出した虚構を見せる技』と、『集団に対して環境も含め意図した通りの幻覚を見せ、且つその幻覚への干渉も可能な技』ではそのレベル差は明かです。一体何処の藍染ですか。

 一応このバキの世界観は、勇次郎とか刃牙の超妄想リアルシャドーみたいな一部例外を除けば、リアル志向の格闘漫画だったと思っていたので、この素晴らしきフババンゴ(仮)の催眠術は一寸やり過ぎた感も有ります。まあ、これを書きながら、花山の握撃とか紅葉の独歩ザオリクとか烈の打岩とか烈の頸椎外しとか烈の水面走りとか克巳の音速拳とかガーレンのクレーターとかドイルの全身大改造とかガイアの砂ステルス迷彩とか末堂のジェットコースター落下とか梢江ちゃんの舌なめずりとか結構やり過ぎ感に溢れるネタの数々を思い出して、そもそもこの漫画ってリアル志向だっけと思い始めたのは内緒の話ですけども。

独り言

 上記文章を書きながら、『りあるしこう』について『リアル志向』なのか『リアル指向』なのか迷ったのですが、Google先生に問い合わせた結果、志向が36200件、指向が16700件だったので『リアル志向』で書く事にしました。
 漢字の意味的には、純粋に方向性の意味合いを持つ『指向』の方が、気持ちを向けるという意味の有る『志向』よりも良い様な気がしたんですけど、検索結果に倍も差が有るなら多勢に付いた方が正しいという事で。フフフ…数は正義なのさ。

ジャイアントロボ 〜地球の燃え尽きる日〜

 今回は予告だけでしたが、どうやら『地球静止作戦』の前に当たる話が公開される事が判明しました。
 『神話はここから始まる』という煽りからすると、今度こそ『誕生編 〜白昼の残月〜』をやる様にも思えましたけど、大作の格好を見る限りではそんな過去の話でも無いっぽいんですよね。でも、眩惑のセルバンテスと思われるシルエットが描かれていた事から、『ドミノ作戦編』以前の話である可能性が高い。嗚呼、一体何処だ、何処の話をやるつもりなんだ。

 ところで、気付いたらジャイアントロボの公式サイトが出来上がってて驚きました。しかも、来年に何かやる予定らしいので2度ビックリ。
 これは遂にOVAシリーズ再開という事ですかね。だとしたらそれは非常に嬉しい話です。ええ、生きる為の目的がまた1つ。

日記

 掲示板にて、味之介さんから『ムジュラの仮面』に出て来た『自分を妖精だと思い込む35歳無職独身の素敵中年』ことチンクルが主人公のゲームCM)が出る事を教えて貰う。任天堂が彼を気に入っていた事は『風のタクト』でも彼を使った事から明らかだったが、まさか主役にする程までに気に入っていたとは思わなかった。任天堂は馬鹿で良いな、と思った。終わり。


8月22日(火) もう少し近接戦闘も欲しかった。

独り言

 やぁ、また1つ歳を取ってしまいましたよ。目出度く無いったら。

映画:APPLESEED

 観よう観ようと思って手付かずでしたが漸く消化出来ました。
 所感。アクションパートの出来が頗る素敵。85/100点。

 先ず、トゥーンシューティングのアニメ映画という事で、少なからず映像に違和感を感じる事を予想していましたけど、そこはもう慣れとでも言うのか、普通にゲームのデモを観る様な感覚で違和感無く観る事が出来ました。ただ、飽くまで映像に違和感を感じなかったというだけの話で、『アニメか?』と問われるとそれは一寸微妙なんですけどね。故に人に依っては違和感を感じる事も有るかも知れません。
 しかし、そんな可能性は制作サイドだって分かっていた筈で、それでも尚トゥーンシューティングで造ったのは、あのアクションパートを造りたかったからなのだと思います。

 まあ、前述は唯の推測に過ぎないのですが、そう書きたくなる程アクションの出来が良いんですよね。映像として3Dの恩恵を最大限に活かす方法を理解していて、特に終盤の多脚砲台戦の迫力はBGM、効果音共に素晴らしく、唯々『凄い』の一言。『FF7ACの時も思いましたけど、3Dこそ人外バトルを最も格好良く映す技術である、と言っても過言では無いでしょう。何を今更な話ですが。

 因みに、ストーリーについては原作のゴチャゴチャが映画用に巧くまとめられていて、アクションを愉しむ娯楽作品として良い案配になっていると思います。が、逆に妥当過ぎて原作とは一寸違うな、と思う事も多々有りましたけど、原作と切り離して考える…という事で。


8月23日(水) 嵐の前の静けさか、そもそも嵐は来ないのか。

業務メモ

 先日の予告通り、今日からデスマーチスタート。
 という事で、今日からデスマーチ終了までの間、そのメモを残そうと思います。
 ――とは言っても、今日は未だスケジュール初日という事で、殆ど全くデスマーチらしさは無かったんですけど。

本日の勤務時間:約13時間
本日の宿題時間:約3時間
本日の睡眠時間:約3時間

 勤務時間は会社で業務を行っていた時間、宿題時間は家で持ち帰りの仕事を行っていた時間、睡眠時間は読んで字の如くです。

 宿題が導入された事を除けば、普段と大差無い感じですね。これがデスマーチだなんて勘違いも甚だしい。
 しかし、これ位の日々が続いて『デスマーチなんか有りませんでした』と書ける事を祈ります。その場合このメモが破綻する訳ですが、そうなったらそうなったでその方が幸せって事で。


8月24日(木) どっちにしても駄目。

業務メモ

 今日も全く以て気負う事の無い、いつもよりは若干勤務時間が長いかな、程度の1日でした。

本日の勤務時間:約13時間
本日の宿題時間:約2時間
本日の睡眠時間:約3時間

 人員不足、期間不足、仕様の練り不足が有った割に、案外楽に終わるのかも知れません。

今週の範馬刃牙:第36話 オリバとゲバル

 「…」「ド・ゲ・ザ…」
 「そう土下座ッ」「敗北のベスト・オブ・ベストッッ」

 なんてやり取りが有ったのも今は昔。
 思えばあの頃から、徐々に、でも確実に方向性がおかしな事になって来ましたっけねえ。
 シコルスが迸る程強くて、スペックが花山と熱演を繰り広げていて、ドリアンが勇次郎級の迫力を感じさせていたあの頃。梢江ちゃんと刃牙さえ出て来なければ面白いのにと言われていたあの頃。
 なんて思い出話はどうでも良くて、刃牙の発想が意味不明。

 元々勇次郎との喧嘩に備えて、筋肉の御方と戦う為にアメリカくんだりまで来た筈なのに、何処をどうしたら疲弊した純を叩くという発想になるのか分かりません。備える気だったらベスト・オブ・ベストな純と戦った上で、ベスト・オブ・ベストな筋肉の御方と戦わねばならないでしょうよ。弱ってる相手を倒してなんとする。
 それに引き替え筋肉の御方と来たら、鍵ごとドアを破壊しての登場ですよ。幾ら何でも監獄の扉を破壊するのは自由過ぎる気もしますけど、刃牙とは気合いの入り方が明らかに違ってて素敵です。
 もういっその事、板垣先生は刃牙以外を主人公にして、もっと描きたい事を描きたいまま描けば良いんじゃないかと思いました。あの発展途上なんだか何だか分からない様な主人公を主軸に置くから駄目なんです。刃牙を描かなければ、もっと自由にのびのびとやれる筈なんですよ。ドリアン編とかJr.編みたいに(←最も駄目な例)。


8月25日(金) 特典DiscのOVA PV『Broken English』バージョンがスタイリッシュで良い。

業務メモ

 引き続き特に問題無し。デスマーチに非ず。

本日の勤務時間:約14時間
本日の宿題時間:約1時間
本日の睡眠時間:約2時間

 今まで家で単独で行っていた宿題作業が、今日からはIRCで接続した状態でリアルタイムでファイルを更新しながら作業を実施する方式に変更。これにより、家だからといって呆ける事が出来なくなりました。S・H・I・T!

アニメ:HELLSING OVA 第2巻

 眠る為の時間=自由時間だ!の理屈に則り、睡眠時間を省いて鑑賞。
 感想。前巻よりクオリティアップで普通に良い出来。80/100点。

 前巻はOVAの割に作画が安定していない、動きがぎこちなく重みが感じらない、血の表現が微妙、ギャグパートが殆ど無い等々の結構アレな問題が有りましたが、今回は濃ゆい絵できっちりと動いてしっかりと血飛沫を上げた殺戮を行い、且つギャグパートも忘れないといった素敵なクオリティアップがされていたので大いに楽しめました。
 勿論、声優さん達の熱演も美事で、特にコメンタリーで『東洋一』とまで謳われたヤンのチンピラ演技っぷりは異常の域(褒め言葉)。「自殺する時間は有るかも知れないから死ねば?これマジオススメ」とかもうホント素敵過ぎ。

 内容的には、原作の第1巻をまるまる詰め込んだ前巻と違い、今回は馬鹿兄弟襲撃から葬式までだけなので、マクスウェルとの邂逅が無いので若干尺が短くなっていましたが、オリジナルのシーンや台詞の追加が有ったので中身の濃さとしては十分でした。
 中でも『もっとルークに出番を』という監督指示で追加されたらしい、ルークの大暴れシーンは彼の速いという特徴やクールを気取る性格を巧く魅せていて中々格好良かったです。此処で思う様見せ所を描いておく事で、後の小者チェンジとの減り張りも出て良いですし。
 ただ、そのシーケンスでは一切銃を使わずにナイフで戦ってるだけに、その後のアーカード戦は原作通り銃しか使わないのには違和感を感じましたね。どうせだからアーカード戦でもあのナイフを使えば良かったのに。それと、ジャッカルの破壊力を見て「何だあの銃は」と驚いていましたけど、実はアーカードに最初に貰った一撃がそのジャッカルだったりした(しかも額)のは、如何な物かと。描写ミス?
 でも、アーカードに「名は何と言った」と凄まれて、素直にフルネームで答える怯えっぷりや、クロムウェル発動の目がわさわさ出て来るシーンの間抜け面っぷりが余りにも小者臭が漂ってて良かったので、そこは免除と言う事で1つ。

 閑話休題。

 正直な話、前巻はアーカードvsアンデルセン以外は一寸…、と思う様な出来だったので以降が不安だったのですが、今回のクオリティを今後も維持出来るならば期待しても良さそうだな、と思いました。
 あのロンドン蹂躪や死の河辺りはまだまだ不安ですけど。


8月26日(土) 観た事は無いけどネタにしとけ。

業務メモ

 今日は休み。

本日の勤務時間:無し
本日の宿題時間:約19時間
本日の睡眠時間:約3時間

 せっせと宿題はし続けてましたけど、一旦休憩という感じです。
 同じ事をやるにしても、家だとBGMを流しながら出来るだけ気が楽で。

小話 1

A 「て、てぇーへんだーてぇーへんだー」
B 「何だ騒がしい、一体何がどうしたのかね」
A 「た、たたた太陽系の惑星が9個から8個に減ってしまったんでさあ!」
B 「太陽系って…水金地火木土天海冥のアレかね」
A 「ええ、アレでさあ!」
B 「減ったのかね」
A 「ええ、1つ!」
B 「って惑星っていうのは一瞬で消え去る物なのかね。何かの天変地異かね」
A 「い…いや…消えたというよりはまったく理解を超えていたのだが…」
 「あ…ありのまま 今聞いた事を話すぜ!「おれは 太陽系が3つ増えると思ったら いつのまにか1つ消えていた」」
B 「…」
A 「な…何を言っているのかわからねーと思うがおれも 何をされたのかわからなかった…」

小話 2

A 「そうか…冥王星が…」
B 「ああ、冥王星はそもそも惑星じゃないそうだ」
C 「ち…畜生!セーラープルートはどうなるんだ!」
B 「落ち着け。ムーンだって惑星じゃない。ありゃ衛星だ」


8月27日(日) Go to Hell(←溜め↓↑BC)。

業務メモ

 今日も仕事は休み。

本日の勤務時間:約4時間
本日の宿題時間:約16時間
本日の睡眠時間:約2時間

 休みではありますが、職場でないと出来ない事も有る為、20時から出勤してそのまま明日の出勤を迎えるという寸法です。いよいよ本番が迫って来た予感。


8月28日(月) 次がdocument.write。

デスマーチメモ

 アローアロー、もしもし皆さん聞こえてるー?
 アーアーこちら本番到来真っ直中の管理人でーす、オーイエー。

本日の勤務時間:約23時間
本日の宿題時間:無し
本日の睡眠時間:約5分

 シャワーを浴びに家に戻った約1時間を除き、延々職場でカタカタやってました。
 睡眠時間?うっかり気を失った5分だけですよ。

独り言

 今一番嫌いな物?
 『〜は宣言されていません』
 してるって。してるってば。


8月29日(火) デスマーチの新手の一環なのか。

デスマーチメモ

 引き続き本番真っ直中。

本日の勤務時間:約18時間
本日の宿題時間:無し
本日の睡眠時間:無し

 本当は今日も泊まり予定でしたが、クライアントが来訪し、その懇親会を行った為泊まりはキャンセルに。
 嬉しいか嬉しくないかで問われてもどっちとも言えない展開です。このタイミングで懇親会て。

飲酒メモ

 18時30分スタートだったので、遅くても21時には終わるだろうと――そして帰ってすぐ眠ろうと――思っていたんですよ。そうすれば、素直に『嬉しい』と言える展開だったのに。

本日の理由:クライアントが様子を見に来たので懇親会。自腹で。
本日の面々:上司1名、本社から1名、先輩方2名、同僚1名、クライアント1名
本日の飲酒:カシスグレープフルーツ×2 (許容量)

 1次会に参加して義理を果たせば良いか、と高を括っていたら、店も変えずに24時まで飲み続けるという余りにも予想外な仕打ちに見舞われるトライアル。
 此処まで普段の行いが悪い覚えは無いんですけどね。何の因果応報でしょう。


8月30日(水) 足が一番謎。

デスマーチメモ

 懇親会から帰って宿題して眠って起きたらすぐ出社で、デスマーチは熱烈継続中。

本日の勤務時間:約17時間
本日の宿題時間:約4時間
本日の睡眠時間:約2時間

 別チームの女の子に「目がヤバイ」とか「幾ら20代でも流石に加齢線が出て来てますね」とか言われて一寸ショックを受けたり受けなかったり。

雑談

 自分の管理している事務チーム(野郎1名、女史2名)から誕生日プレゼントを貰ってしまいました。
 オジサン感激が過ぎてショック死しそうです。
 という訳で、貰ったプレゼントを先日購入したSH902iで撮影(撮影場所は自室)。

水鉄砲は未だ分かるんですけど。

H女史から「お風呂で遊んでね」と渡された入浴剤と水鉄砲セット。
ええ、風呂好きなので遊びますよ、大いに。

因みにH女史がガーコ好きなのでガーコを選んだそうです。
こっちの好み等知らん、というスタンスに惚れ惚れ。
ま、ガーコもケロタンも好きなんですけど(結果オーライ)。

イケメン応援きっとて。

同じくH女史から貰った『イケメン応援きっと』。
中身は電動シェーバーとシャンプーと靴下と明るい家族計画用ゴム。
どの辺がどうイケメン応援なんだか分からなくて素敵です。

どっちかと言うと出張用一式って感じですね。
下着が無いけど靴下は有る、という辺りシュール。

そして坊さんが来て、

S女史から貰った謎の坊さんの手袋とスリッパと目玉焼きマスク。
何故に坊さんなのかは全く何の説明も無し。ゴイスー。

曰く『他にも色んな坊さんが売ってましたよ』。
いやいやいや、坊さんがどうとかじゃあなくて。
こんなの何処で売ってるんだ。

足が来て、

S女史からのプレゼントその弐。
足。
でかッ。キモッ。

足フェチだなんて言った覚え微塵にも無いんですけど、足です。
巨乳好きから足フェチに転身しろという事でしょうか。

曰く『他にも色んなパーツが売ってましたよ』。
あー、ひょっとして揃えれば人が出来上がるって寸法ですかね。
そんな事より、これを何に使えば良いのかが知りたいのですが。

挙げ句の果てに『里見の謎』降臨。

H氏からのプレゼント。
伝説のクソゲー。

ヌーヌーいってるひとたちにはきをつけなさい!

 明らかに『出オチ』がテーマっぽかった気配がしますが、兎に角かなり笑わせて頂きました。26歳になってから1番笑いましたね。間違い無く。
 オジサン感激が過ぎてショック死しそうです。

 よし、まだまだ頑張れる。頑張れるぞ。


8月31日(木) ライバックがサーバを執拗に破壊すれば良かったのに。

デスマーチメモ

「目は幾つかの色を失い」「舌は味を失う」「指先は震えにつかれる」
「どうしてそれを…?」
「…」「それは兆し」「その任を帯び企業戦士としてデスマーチを重ねれば」「食事」「布団」「温もり…」「多くのものをお前は失うことになる」
「ご忠告痛み入るがね」「悲しいけどコレ仕事なのよね」

本日の勤務時間:約23時間
本日の宿題時間:無し
本日の睡眠時間:無し

 『箸が転んでもおかしい年頃』という話が有りますが、この度『セガールだけでもおかしい時間』という物が有る事が発覚しました。読んで字の如くなので敢えて具体的な説明は避けますが、取り敢えず朝の3時から4時30分位までと、夕方16時から18時位がその時間帯です。

  • デスマーチで阿鼻叫喚の地獄絵図とかした職場。しかしそこには謎のコックが。
    「大丈夫です。ケイシー・ライバックなら(挨拶がてら首の骨を折る等して)終わらせてくれます」
  • 期限に間に合わず、悲惨な事になる会議室。しかしそこにはあのコックが居合わせていた。
    「ケイシー・ライバックなら問題無い。彼が(レンジ爆弾等で)静めてくれる」
  • クライアントから苦情のメールが。しかし受信したのは例のコックだった。
    「心配する事は無い。ライバックなら(日本刀等で)スパッと返答してくれる」

 結論。人がおかしくなるのは徹夜モード突入4日目位から。

独り言

 今知ったんですけど、何時の間にやら『イントゥ・ザ・サン』のDVDが発売していたみたいですね。その内買わなければ。