a 適当。

2022年2月のまとめ

映画:Mr.レディ Mr.マダム 1〜3

 妻が好きな映画、という事で連日1本ずつ視聴。
 中年のゲイカップルがあれこれ事件を巻き起こすコメディ映画。

 キャラの濃さでグイグイ話を引っ張っていくタイプの映画で、コメディとして高水準です。
 個人的には、奥様(オカマ)の自殺芸と、メイド(オカマ)が奥様(オカマ)を笑う天丼芸が好き。
 好きなのは1>3>2。
 3はメイド(オカマ)の馬鹿笑いが無かったのが残念でした。

映画:ONE PIECE STAMPEDE

 大暴れする伝説の男を呉越同舟で倒そうぜ、という映画。

 『豪華メンバーが何か凄く強い敵』と派手に戦うだけ、というジャンプ映画らしいジャンプ映画です。
 個人的には物凄く面白かったし好きなんですが、本当に殴り合うだけなので賛否両論なのも分かります。
 ONE PIECEの良さはドラマの面白さなので、バトルするだけなら劇場版ONE PIECEである必要は無い的な事を思う人が居るのも道理です。
 ただ、ONE PIECEの良さはキャラの良さでも有るので、原作では考えられないメンバーが揃って戦っているというのは、劇場版ONE PIECEとしての価値ではないかなと考えます。
 ダッシュ蹴りだけでハンコック凄ェ!ってはしゃげるの劇場版ならではだと思うんですよね。バレットのインフレしまくりのパワーと巨体も然り。

 尚、自分は『ルフィの起爆剤になる為に苦しんでみせる子供』枠が無かったのも好評価でした。
 舞台装置として便利なのは分かりますけどね。流石にもう要らないかな。

ゲーム:ELDEN RING

 Steam版を買いました。

 仕事が割と忙しいので、睡眠時間を少しずつ代償にしながら遊んでいますが、その価値が有る面白さです。
 殺す気満々の難易度に読ませるフレーバーテキスト、クセの強いキャラ達と広大な世界。
 正にソウルシリーズの集大成的な作品です。

 

 昔思い描いていた、『未来のリアルなRPG』ってこんな感じだった気がします。
 もうちょいマイルドなビジュアルだったかも知れませんけど。


2004年:1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2005年:1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2006年:1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2007年:1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2008年:1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年:1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年:1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年:1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年:1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年:1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年:1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年:1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年:1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年:1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年:1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年:1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2020年:1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2021年:1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2022年:1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月