a 適当。

1月1日(水)

謹賀新年

 あけましておめでとう御座います。
 2020年も弊サイトを宜しくお願いいたします。

今年の目標

 色々生活事情も変わりつつある前提で、現実的な目標を決めようと思います。

  • 趣味について
    • 映画は1本/週のペースで60本/年を目標にする
    • ゲームは『DQ10』以外は『DMC5』、『RE:3』、『DEATH STRANDING』のそれぞれPC版を遊ぶ
      • 積みゲー含め、これ以外に手を出せる気がしない
  • 年次有給休暇を1〜2日/月程度、計画的に取得する
    • ここ数年毎年10日以上位余らせているので
  • サイトについて
    • 誤字・脱字・誤変換の撲滅キャンペーンの継続実施
    • 落書きは最低週一

お詫び

 少しバタついていて、年賀状がまだ用意出来ておりません。
 後日、準備いたします。


1月2日(木)

雑談:初売り'2020

 いつも通り『若狭氏と行く!近況報告合戦 in ヨドバシ初売り』へ。
 何か買ったかというと、何も買わないのもいつも通り。
 ただ、お互いに今年は大きめの変化が有るかもねえ、なんて話をしていました。

雑談:初詣

 初売りの後は、相方と一緒に塩釜神社に参拝して参りました。

 

 青空で絶好の初詣日和だったのですが、2日の10時頃だったからか予想より大分空いていた印象です。
 お陰で参拝後は散歩がてら境内を見て回り、屋台で玉こんにゃくを食べてゆっくりと過ごす事が出来ました。

 これから2泊3日であちこちフラついて来ます。

映画:トップをねらえ! 劇場版

映画の粗筋:
 人類は宇宙進出が果たせる程の科学を手に入れたが、地球侵略を狙う『宇宙怪獣』の脅威にさらされていた。
 タカヤ・ノリコは、父と同じ軍人となる為に沖縄のパイロット養成学校で訓練を積み、宇宙の戦場へ赴く。
 だが戦況は圧倒的に不利な上、光束移動の度に地球と年単位で時差が生じていくからさぁ大変。

 感想。端折りまくり感が凄いけど面白い。80/100点。

 何話分かのOVAを無理矢理映画としてまとめた作品らしいので、説明不足・描写不足感は否めません。
 主人公は体力が取り柄らしいのですが、それに関する言及は一切無し。
 訓練シーン仲間と絆を深めるシーンどころか、メイン級キャラの出番がほぼ無いなんて事態も起きていたりするそうです(ユングとかいうモブだと思ったら実は違ったらしい人)。
 昔のOVAらしい無意味なお色気も気になるし、多分『格好良いからだ!』以外の理由も無く腕組みして登場するロボとか、ロボの量産するよりもロボに搭載した兵器量産した方が良くない?とか色々思うところはあります。
 ありますが、面白い。

 人型ロボに乗って敵性宇宙生物と戦う熱血系SFアニメとだけ書くと在り来たりなんですけど、浦島効果により生まれるドラマがたまらないですね。
 守るべきものの為に足掻けば足掻く程、守りたかったものと過ごせる時間が減っていくというジレンマ。
 『インターステラー』でも扱われていたテーマですが、自分は変わらず周囲だけが変わっていく切なさは筆舌に尽くし難いでしょうね。
 傷付き、或いは死のリスクを背負って戦ったところで、帰還した時に自分を知る人すら誰も居ないかも知れないという恐怖。そうまでして戦う価値は有るのか。

 前述の『インターステラー』は、『愛』が問題解決の鍵になりましたけど、本作では『熱血』とか『根性』によって解決している感が有ります。
 緻密なSF設定と根性論とのバランス取りが巧いのが、観て『楽しい』と感じるポイントなのでしょうね。
 変に意地が悪くないとでも言うか、残酷な現実は現実として有りつつ、でもフィクションだからこそ『こうであって欲しい』と願うカタルシスはちゃんと用意されているのがとても良い。
 綺麗に物語を締めくくられ、エンドロールでは良い話を観たという余韻を感じる事が出来ました。

 それだけに、(Netflixで観たので)エンドロール中に続編のリンクが出た事に萎えたんですよね。
 え、これ以上無い位の良い終わり方をしたのに続編なんて出すの?と。
 相方から『続編はスルーして良い』と言われたので観ませんでしたが、ここまで綺麗に終わったらもう弄らないで良いじゃんと思わざるを得ません。
 終わった物語の続編を出して巧く例なんて余り無いじゃあないですか。特に『FF10』。『永遠の代償』と『WILL』は何度生まれ変わっても何度でも地獄に堕ちるべき所行(今思い浮かぶ限り最大の罵声)。


1月3日(金)

映画:ポテチ

映画の粗筋:
 空き巣の今村は、恋人と共に侵入したプロ野球選手の自宅で、不審な留守番メッセージを聞いてしまう。
 その内容は、女性が野球選手に何らかの救いを求める言葉だった。
 今村は女性を救う為にメッセージの場所に向かうが、そこでは予想外の出来事が待っていたからさぁ大変。

 感想。無駄の無い物語構成が秀逸。90/100点。

 原作は伊坂幸太郎氏ですけど、流石は伊坂幸太郎というかやっぱり伊坂幸太郎。本当に話が綺麗で巧い。
 70分未満という単尺だからこそ、登場人物も発生する会話もイベントも、何1つ取っても無駄が無い。
 基本はコメディ路線で話を進めながらも、至る所に伏線がバラ撒かれ、集約していく構成が美事ですし、絆や生きる事への希望といったメッセージ性が説教くさくならない範囲で込められているのが素晴らしい。
 専務の使い方とか巧過ぎるわ。

 この手の映画は全く自分の好みでは無いのですが、それでもグイッと引きつけられて、最後まで食い入る様に観てしまいました。
 うん、たまにはこういうのも悪くないなあ。


1月4日(土)

映画:キャビン (原題:THE CABIN IN THE WOODS)

映画の粗筋:
 デイナは、大学の友人・カートのいとこが所有する別荘で週末を過ごす為、4人の友達と近郊の山へ向かう。
 だが、彼女達は別荘の小屋の地下で恐ろしい日記を発見し、更にゾンビに襲われてしまうのだった。
 逃げ惑うデイナ達だったが、それらは全てある組織により仕組まれた状況だったからさぁ大変。

 感想。尻すぼみ感は有るけれどネタは面白い。75/100点。

 本作はホラー映画に見せかけた大衆娯楽作品です。
 ホラー映画と言えば、お約束のイベントが有りますよね。

  • 主人公サイドの面々は、処女、痴女、力持ち、知識豊富、道化である
  • 目的地に向かう道中、不気味な村人に『この先に行くと死ぬ』と言われる
  • 無意味なセクシーシーンが有る
  • 地下室で見てはいけないものを見る
  • 何かをしてしまった事で呪いが解かれる
  • カップルが最初に襲われる
  • 全員で行動すれば良いのに、単独行動を取り始める

 このお約束通りの出来事が起こる様にある組織が頑張って仕込んでいました、というのが本作。
 ある種の出オチみたいなこの設定が全てなので、死人は出ますけどグロ描写等は比較的少なめで、大きい音でビックリさせる等のシーンも殆ど有りません。
 主人公達目線だと普通のホラー映画なんですけどね。随時、組織サイドによる和気藹々とした管理描写が差し込まれるので、ホラー感が薄まります。
 墓場からゾンビが蘇るシーンとか、オッサン達が『今回はゾンビ一家だあ!』と大はしゃぎしてたりしますからね。その仕事、余り辛くないだろ、絶対。

 しかし、前述の通りこの出オチが全てなので、終盤に向けての展開が雑なのが残念です。
 色々な怪物が現れるカオス状態自体は物凄く楽しかったのですが、その状態になるトリガーが適当過ぎる。今時アンブレラより管理が酷い会社なんて有っちゃ駄目ですよ。
 まぁ、ホラー映画の後半が適当なのも常と言えば常ですから、これはこれで良いのかも知れません。
 半魚人の伏線回収とかも面白かったですし、何より主役のクリステン・コノリーが物凄く可愛かった。
 『若干ホラー要素のあるB級エンタメ映画』という特殊な括りに興味が有る方にお勧めします。


2004年:1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2005年:1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2006年:1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2007年:1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2008年:1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年:1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年:1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年:1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年:1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年:1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年:1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年:1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年:1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年:1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年:1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年:1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2020年:1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月