a 適当。

11月1日(金)

独り言:もう一度食べたくて

 以前、仙台の職場近くに『逢乃家』という店が有りました。
 そこのランチメニューの『バラ焼き丼』が好きで、月に2、3回は通ったものです。
 しかし、お店が入っていたビルの取り壊しに伴い閉店、仮に閉店しなくても自分の東京異動により食べる事が 出来なくなってしまいました。

 そして月日は流れて今。
 食べたい。あのバラ焼きがどうしても食べたい。
 という事で、最近定期的にバラ焼きに挑戦しています。
 市販のたれは多分違うだろうなと(根拠も無く)仮定して、醤油ベースで色々と挑戦していますが、『まぁ、 これはこれで有り』的なものが出来上がるばかり。

 う〜ん、嫌いな玉ネギを除いているのが悪いのか、お酒に気を遣うべきか。料理は難しい。


11月3日(日)

備忘:本日のS.M.A.R.T.

  • 内臓SSD:正常 32℃
  • 内臓HDD:正常 33℃


11月4日(月)

今週のブラック・クローバー:ページ227 全智の巫女

今週の粗筋:
 アスタはハート王国が、女王ロロペチカの呪いを解く為にアスタを招いた事を知る。
 一方ラック達は、スペードの魔法使いが、単騎でダイヤモンドの八輝将を倒すのを目撃するのだった。

 やはりハート王国は敵対国では有りませんでしたー……からの、ターゲット発見までが早い。
 加えてロロペチカの天然っぷりと魔力の凄さも描写するのは流石ですね。
 まぁ、ハートの風俗が全然分からん問題の方は解決していないんですけども。

 スペードについては、ラックが拒否したという描写でそのヤバさが伝わって来ます。
 と言うより、八輝将はユノに完封されていた時点で噛ませ犬としても格落ち感が有りますし、何もまたこんな扱いしなくても……と思ってしまいました。
 何れ、これでダイヤモンドもガタガタですし、利害の一致する国同士で三国同盟の流れですかねえ。

今週のONE PIECE:第961話 “山の神事件”

今週の粗筋:
 山神を斬ったおでんは、彼に惚れた錦えもんと共に花の都を出る。
 向かった康家の元で、小間使いだったオロチと邂逅を果たすのだった。

 えっ、オロチ将軍、小間使いからあそこまで成り上がったんですか?
 女性を侍らせてる姿といい、モデルは羽柴さん家の秀吉殿ですかね。
 てっきり、スパンダム等の様に親の七光り系だと思っていたので驚きです。
 小心者であるが故の慎重さも持っていますし、結構普通に有能なのかも知れません。

 半面、オロチの本質を見抜けなかったっぽい康家は株が低下。
 もしかしたら、オロチも何かの切っ掛けがあるまでは善人だった……とかがないと残念な感じです。
 その辺もこれから掘り下げられるのでしょうか。


11月5日(火)

独り言:小島監督、将来は映画制作の可能性も!

 小島監督なら面白い映画を創っていただけるでしょうけど、監督の面白さを一番引き出せるのは、きっとゲームだと思うんですよね。
 ゲームだからこそのトリックというか、インタラクティブな要素を使う事を前提とした演出や物語描写が巧い人なので、映画になるとその得意技が活かせないんじゃないかなあと。
 でも公開されたらきっと観るだろうなあ。


11月10日(日)

独り言:臨済宗妙心寺派 円通院

 毎年期間限定で開催されている紅葉ライトアップに行って来ました。
 混雑するとは聞いていましたけど、入るまで1時間強の行列で結構ビックリ。
 17時時30分開始だったので17時位に行ったのですが、チケットを買うだけでも20分位並びましたね。
 ただ、並ぶだけの価値が有るものは見れました。

   

 ……こういうステージ創りたいなあ。

備忘:本日のS.M.A.R.T.

  • 内臓SSD:正常 31℃
  • 内臓HDD:正常 30℃


11月11日(月)

今週のブラック・クローバー:ページ228 冥域の魔道士

今週の粗筋:
 ロロペチカは、悪魔を倒す為にクローバーの特殊な魔法が必要である事を明かす。
 彼女が呪いで殺される前に、クローバーとハートは半年の修行を積む事にするのだった。

 これまでも、この漫画のテンポの良さは何度も書いてきましたが、流石に『半年修行しよう』→『半年後』は笑いました。
 今後の戦いの中で修行を振り返っていく方式なんでしょうけど、いやぁ……いやいや、本当に早いな。

 そしてロロチペカの『ウンチは大事です』の『ふへへへ』にも笑いました。何その笑い方。
 この人面白いなあ。もっとこの人使った日常回を見てみたかった。

今週の僕のヒーローアカデミア:No.249 地獄の轟くん家

今週の粗筋:
 轟家の食卓に招かれたデク達は、そこで未だ解決出来ていない『エンデヴァー』の業を見るのだった。

 そりゃあやっぱり、何もかも巧くいくという事は無いですよね。
 エンデヴァーは『ヒーロー』として成長したけれど、それは父親としての悪行とは関係無い話ですし。
 漸く遺影という形で描かれた『燈矢』についても、想像以上に酷い何かが有ったのかも知れません。

 しかし燈矢君、髪の色がお母様よりだったのですね。
 そう言えば、『体質が母親のものだった』という話がありましたっけ。
 まだ荼毘=燈矢説を肯定も否定も出来ないままですが、そろそろその話に入るんですかね。
 『父』としてのエンデヴァーの立位置が変わるとすれば、この『燈矢』に関するイベントが最適そうですし、荼毘の正体ネタ晴らしに期待。


11月12日(火)

独り言:駅弁問題

 日帰り出張で福島に行った帰り、『駅弁半額セール』に踊らされて駅弁を購入しました。

 買ってから気付いたんですけど、駅弁って半額でもスーパー等と比較すると圧倒的に高いんですよね。
 それに気付いた瞬間、買う前に感じたお得感を失ってしまいました。
 いや、このお弁当は美味しかったのですが。


11月14日(木)

独り言:セガの大ヒット家庭用ゲーム機3種が1/2スケールのワイヤレス充電器になって登場!

 これは良い商品です。
 唯一、ワイヤレス充電対応デバイスを何も持っていないだけが問題だ。


11月15日(金)

独り言:『Stadia』はいつ突然死するかとゲームの開発者は戦々恐々

 ですよねー。
 ユーザー側もそれを思っています。


11月17日(日)

備忘:本日のS.M.A.R.T.

  • 内臓SSD:正常 33℃
  • 内臓HDD:正常 32℃


11月18日(月)

今週のブラック・クローバー:ページ229 希望と絶望の幕開け

今週の粗筋:
 侵攻を始めたスペードの軍団に、アスタは単騎で飛び込み敵魔法使いを一蹴する。
 その頃ハージ村には、ユノを『様』付けする謎の怪我人が現れるのだった。

 空を飛べる様になったり剣の遠隔操作も可能になったりした割に、何故か服は筋肉を全面に押し出すデザインにチェンジしたアスタさんマジアスタさん。
 どうせなら、もっとフィジカル寄りのアクションをして欲しかった感もありますけど、来週以降に期待。

今週のONE PIECE:第962話 “大名と家臣”

今週の粗筋:
 九里に向かったおでんは、道中様々な仲間を従え、単独でアシュラ童子を倒す。
 そして無法地帯だった九里をまとめあげ、九里大名となるのだった。

 ONE PIECEもテンポアップ!
 回想を手記形式の様にする事で、凄まじい勢いでおでんの成功までの道程が描かれました。
 結構巻いているのに、おでんの型破りな魅力を魅せているのが凄いですね。
 『ブン殴ったらついて来やがった』とか、普通にやったら色々省き過ぎな説明ですけど、前回までのおでんのキャラと『手記』という形式だからこそそれだけで成り立つのに感嘆します。

 この勢いなら、年代には回想が終わるかな?

今週の僕のヒーローアカデミア:No.250 エンディング

今週の粗筋:
 デク達を送り返す道中、エンデヴァーの前に夏雄を人質に取ったヴィラン『エンディング』が現れる。
 彼は自らをエンデヴァーに殺して貰う為、夏雄を殺すと宣言するのだった。

 夏雄とギクシャクした関係が続く中で登場したエンディングさん。
 Dr.マルコーだったら『私には神に見える』とか言い出しかねないタイミングですね。
 これで夏雄を救出出来たら、好感度フラグが上がるじゃあん?

 ……と言いたいところですけど、うーん。
 別に夏雄も、ヒーローとしてのエンデヴァーまで憎んでいる描写は無いですし、助けられたところで何かが変わるという気はしませんね。それどころか、悪態としてマッチポンプ扱いまでしかねない。
 しかし、夏雄が怪我でもすれば、ヒーローとしてさえ結果を残せない、とエンデヴァーのメンタルがズタボロになりそうですし、中々難しいところです。

 エンデヴァーが夢見る『自分が居ない食卓』を前提とすると『エンディング』という名前が不吉過ぎて困る。


11月19日(火)

ゲーム:PC版『ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島』が配信決定

 あ、少し気になる。


11月20日(水)

ゲーム:『ドラクエX』がブラウザに!HTML5採用でPC、スマホやタブレットでもプレイ可能に

 割と凄いですよね、これ。
 出張とかだったらSwitch版で良いと思いますけど、通勤中のルーチンとかでは大変便利そう。
 値段設定次第ですけど、金額次第では活用したいです。


11月21日(木)

独り言:サイト開設20周年

 もう20年になりますか!
 開設当時の0歳児ももう成年になっているという衝撃。うわああ、歳を取る訳だあ。
 内面が14歳の頃から変わっていないのに、月日だけは加速していくというのは悲劇ですね。

 それはそれとして、これまでもこれからもマイペースで続けていきますので、よろしくお願い致します。


11月22日(金)

ゲーム:『Half-Life:Alyx』お披露目!

 待ちに待った新作ですけど……やっぱり3は数えられないのか。

 VR専用とは随分思い切った戦略ですが、映像を見る限りは面白そうです。
 今一つ盛り上がりに欠けるVRが、これでまた少し熱くなれば良いですね。
 ここで踏ん張らないと、未来のVRゲーム発展が遅れちゃいそうですし。

訃報:『奥さまは魔女』のナレーション等で知られる中村正さん死去

 わぁ、孔明!!

 ご冥福をお祈りいたします。


11月23日(土)

独り言:ギアッチョ呼んで来て

 一時期『食べるラー油』が流行りましたね。
 あれは普段『かける』調味料を食べ物にしたからこその『食べる』ラー油だったと思うのです。
 それは分かる。スゲー良く分かる。

 だがこの『食べるすき焼き』ってどういう事だあ?
 食べないすき焼きが有るっつーのかよーッ!ナメやがってこの表現超気になるぜぇ〜ッ!!(CM的には成功)


11月24日(日)

備忘:本日のS.M.A.R.T.

  • 内臓SSD:正常 32℃
  • 内臓HDD:正常 31℃


11月25日(月)

今週のブラック・クローバー:ページ230 叩き潰してやる

今週の粗筋:
 状況を把握したアスタは、断魔・宿魔・滅魔の力で要塞を制圧するのだった。

 あ、宿魔もアスタ持ったままなんですね。計3本、自由自在に使えるのは凄過ぎる。
 大体の敵は断魔と宿魔で十分でしょうし、所見殺しのトラップも即死魔法でない限り滅魔でキャンセル出来ちゃう以上、少なくとも短期決戦では最強に近い気がします。
 これ、魔力が尽きない限りは仲間を無敵化出来るバネッサと、ほぼ無限に魔力を供給出来るチャーミーパイセンと組めば最早ほぼ無敵なのでは……。
 ロングレンジの攻撃が無い事だけが弱点ですかね。

今週のONE PIECE:第963話 “侍になる”

今週の粗筋:
 おでんの家臣達は、おでんの為に『侍』となる覚悟を決め、それぞれが教養と力を身につけて侍となる。
 その同年、おでんは『白ひげ』と運命の出会いを果たすのだった。

 全盛期に近そうな白ひげの攻撃を受け止めるおでんの膂力と覇気がヤバい。
 まぁ、白ひげも本気ではなかったと思いますけど、それにしたって尋常では無いですよね。
 何より、これまでおでんの逸話が色々語られて来た訳ですが、修行した様な描写が一切無いのがやばい。
 同レベルの相手と切磋琢磨していた様な気配も無いですし、系統的にはビッグ・マムと同じ突然変異的な、『理由は無いけど天然で強い』人物と受け止めれば良いのかな。
 故の『規格外』なんでしょうが……これを相手に立ち回ったオロチって実は相当凄いんじゃあないだろうか。

今週の僕のヒーローアカデミア:No.251 一週間

今週の粗筋:
 夏雄を前に一瞬躊躇うエンデヴァーだったが、成長したデク達が見事にエンディングを撃破するのだった。

 エンデヴァーに言われた事を言われた通りに実践し、救出・保護・撃破を分担してやってのけた緑谷君達。
 色々不安な予想をしていましたけど、ふたを開けてみたらとても綺麗な少年漫画でしたね。
 エンディングの個性による絵の迫力も素晴らしいけれど、サブタイトル含め、これまでの『経験』を活かして物語を動かす展開が実に熱くて良いなあ。
 この激動を轟家の結束に期待。


11月27日(水)

独り言:大阪出張

 大阪に出張に行って来た際、心斎橋が綺麗だったので撮影しました。

 量的には光のページェントが一枚上手かな(謎の地元愛)。
 色合いはこちらの方が好みです。


2004年:1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2005年:1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2006年:1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2007年:1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2008年:1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年:1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年:1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年:1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年:1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年:1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年:1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年:1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年:1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年:1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年:1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年:1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2020年:1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月