a 適当。

3月1日(金)

独り言:3ヶ月の東京勤務開始

 承前
 本日より期間限定で本社に勤務する事になり、今回は東葛飾民となりました。
 玄関を開けるとスカイツリーが見える場所です。……うむ、これは全然悪くない。

 週末は必要なモノの買い出しついでに周囲を探索予定です。

余談

 マンションは家電が一通り揃った手軽な部屋だったのですが、ネット環境だけは有りませんでした。
 今から回線を引くと時間が掛かりますし、スマホのテザリングは心許ないですし、モバイル系サービスは大抵2年縛りで3ヶ月で止めた場合は結構な額の違約金がかかるので割高です。

 そこで今回は、165〜200円/日で利用出来る『WiFi東京』を使う事にしました。
 どうせ1月に買ったデスクトップPCは持って行けない=大きいサイズのゲームをDLする事も無いですし、『限られた期間をそこそこ快適に楽しむ』上では十分です。

 という事で、昨日の朝に仙台で申し込んでおき、無事本日の夜に到着、SSIDと暗号設定だけでネット環境を構築出来ました。
 やー、これは便利なサービスだ。


3月3日(日)

備忘:本日のS.M.A.R.T.

  • 内臓SSD:正常 30℃
  • 内臓HDD:正常 34℃


3月4日(月)

今週のブラック・クローバー:ページ195 一変

今週の粗筋:
 パトリ達の元に辿り着くユノだったが、エルフのロンネの魔法で魔石を奪われてしまう。
 だが、ロンネの言動にライアが疑問を抱いた瞬間、謎の攻撃がライアを貫くのだった。

 色々と疑問の多かった『転生』の核心に迫る存在が現れました。
 どうせならもっと出番が有ったエルフにその役やらせれば良かったのに、と思わなくもないんですけども、何にせよ漸くエルフジェノサイドの黒幕、或いは黒幕の尖兵がお目見えです。

 黒幕については、人間、もしくは三つ目の悪魔に属するモノだと想像していたのですが、今週の話を見る限りでは後者っぽいですね。
 何せ、煽り文句で『人でもエルフでもない異物』とさり気なくネタバレしちゃってますし。
 『鬼滅の刃』で累が十二鬼月と煽りで断言された時と同じパターンっぽい。

 ともあれ、今はまだ姿を見せただけなので、正体や目的は来週のお楽しみという事で。
 ライアさんの傷?ファナが上半身吹っ飛んでも再生していた位ですし大丈夫でしょ(適当)。

今週の僕のヒーローアカデミア:No.218 異能解放軍

今週の粗筋:
 ライフスタイルサポートの大手『デトラネット』がヒーローサポート事業への参入を発表する。
 だがデトラネットの社長は、かつて異能解放軍を率いたデストロのイシを継ぐ者であり、ヴィラン連合の解体に向けて動き出すのだった。

 ジェントル編で名前が出て来た『デストロ』縁の人物が遂に登場。
 人が良い様で何処か胡散臭い、というテンプレート的な成金社長キャラ(戦闘はハイテク装備かドラッグか部下任せ)と思いきや、筋金入りの思想犯でした。
 社長がモノローグの『子供』か否かはさておき、今週の描写を見る限りでは中々魅力的な人物に見えます。
 この第三勢力が今後どう雄英と絡んでいくか楽しみです。

 それはそれとして。
 仮免については、再試験内容を描かれる事無く終わってしまいました。
 まぁ、この期に及んで轟君達が落ちるオチも無いので別に良いんですけど、ケミィの出番が殆ど無かったのがマジ憤怒。
 そして仮免ゲット早々出会ったコソ泥に挑むカッチャンがマジゴリラ。


3月5日(火)

飲酒メモ

  • 本日の理由:歓迎会
  • 本日の面々:所属先のメンバー 合計10名
  • 本日の飲酒:ビール×1


3月7日(木)

今週のバトゥーキ:第31話 オープンホーダ

 漫画でも映画でもゲームでも、フィクション作品の世界やキャラクターの深みを増す上で、様々な設定や専門用語は欠かせません。
 現実世界には無い、或いは有っても馴染みが薄かったり、作品用に改編されていたりするそれらの説明を、如何に巧く、如何に自然に行うかは作者の腕の見せ所の1つと言えるでしょう。

 一番楽なのは、主人公が何も知らないパターンですね。
 先輩や師匠キャラが主人公に教える体で読者にレクチャーする事が出来ます。
 同様に、無知な仲間や後輩が居ると、主人公が教える形で読者に伝える事が可能です。

 ゲームで有りがちなのは、『復習』や『おさらい』といった体で設定を説明する手法。
 主人公が半人前でも使えますし、歴戦のプロであったとしても、仲間が『今更言うまでも無いけど、一応おさらいするよ』等と切り出せるので、使い勝手が良いと言えます。

 他には、作品内では一切説明せず、細かい事は全部コマの外に注意書きとして書く、という割り切った手法も有りますね。
 言わずと知れた『攻殻機動隊』のオリジナル版がこの典型です。
 やり過ぎてコマの外が本編と言われる始末ですが、アレはアレで物語のテンポを損なわないという意味では悪くないと思います。

 さて、『バトゥーキ』の場合。
 この作品は、『主人公が何も知らない』系のパターンです。
 従って周囲が用語を説明してくれる訳ですが……その数が多く物語のテンポを犠牲にしている割に、聞き慣れない単語の連続なので殆ど頭に入って来ないという、結構致命的な問題が生じている様に感じています。
 正直、『嘘喰い』の実績が無ければ何度か諦めそうになっているレベルです。

 その『嘘喰い』が有るからこそ自由な展開が許されているのかも知れませんけど、そろそろ軌道修正が要るのではないでしょうか。
 キャラ造形は十分に魅力的ですし、BJとかBJとか面白いので。


3月10日(日)

備忘:本日のS.M.A.R.T.

  • 内臓SSD:正常 31℃
  • 内臓HDD:正常 33℃


3月11日(月)

今週のブラック・クローバー:ページ196 黒幕

今週の粗筋:
 魔石の力で姿を得た『悪魔』は、パトリの光魔法すら圧倒する。
 自分だけでは勝てないと察するユノだったが、そこにアスタが参戦するのだった。

 登場してすぐに、自分の正体とジェノサイドの真相をサラッと喋る黒幕登場。
 相変わらず、引っ張る事の無い良いテンポで話が進みます。

 だがbutしかし。
 悪魔のデザインが、その、何と言うか……率直に書くと、雑魚っぽい。

 未だ不完全らしいので、きっと変身したりするんでしょうけど、現時点ではユニーク性が全く感じられないんですね。
 中盤のボスが居る城とかに徘徊していそうですし、以後、色違いの雑魚も一杯出て来そうな気配が凄い。
 そして『ンッンッン』とかいう笑い方も雑魚っぽい。

 一応、『パトリの魔法(光速)を言葉(音速)で無効化する』という、不思議な感覚に陥る離れ業を見せていますし、強いは強いのでしょう。
 でも言霊『魔法』を使っている以上、アスタさんに勝てるかは疑問。

 というか、ライアが普通にダメージを喰らっているっぽいのは何なんでしょうね。
 回復魔法もコピーしてたでしょ、絶対。

今週のONE PIECE:第935話 “QUEEN”

今週の粗筋:
 脱走したルフィを捕らえたクイーンは、ルフィを助ける様に懇願するヒョウ爺を見て何かを閃く。
 一方、鍵を盗み出した雷ぞうは、牢獄に捕らえられていた河松と再会するのだった。

 予想外の面白キャラだったクイーン。
 部下と面白掛け合いをする幹部クラスは久しぶりですね。
 ホグバック以来でしょうか。もしそうなら2007年なので約12年ぶりd……え。スリラーバーグ2007年なの?嘘。何それ怖い。

 気を取り直して。
 こんな面白デブが、カタクリより懸賞金が高い13億というのも中々衝撃的でした。
 ジャックの様に理不尽な暴力を振るうタイプなのか、自分さえ楽しければ悪意無く何でもやれちゃう子供の様なタイプなのか。
 感覚的には後者ですかね。最後の閃きにしても、ルフィの前でヒョウ爺を痛めつけるとか、そういうロクでも無い事をしそうなのが気になります。

 そりゃあ根っからの悪党人の方がぶっ飛ばす時に気持ち良いんでしょうが、最後まで面白キャラの幹部というのも良いと思うんですよねえ。
 ジャックの事をずっこけ扱いしておきながら、クイーンの方がずっこける様な言動が多いとか、そういう系統で来てくれないかなあ。

今週の僕のヒーローアカデミア:No.219 ゴー!スライディン・ゴー!

今週の粗筋:
 デトラネットは、ヴィラン連合に繋がる情報源としてブローカー・義爛を捕らえる。
 何も語らないと告げる義爛だったが、当の連合はその1ヶ月前、ギガントマキアに挑んでいた。

 ギガントマキアに挑む連合メンバーが、ヴィランに挑むヒーローユニットみたいになってて少し笑いました。
 このメンバーが揃ってここまで追い詰められるって、ギガントマキア強過ぎないですかこれ。

 まぁ、恐らくは連合のテコ入れなんでしょうね。
 連合の面々は1人1人は強力な個性を持っているけれど、ハイエンド脳無抜きでは雄英やヒーローの数の暴力に勝てないでしょうし、大半が個性のネタが割れている、という点で不利です。
 ハイエンド脳無にしても、古き良き特撮モノの『再生(増産)怪人は弱い』習わしに倣って、次出て来る時は弱体化している可能性が否定出来ません。
 そこでギガントマキア先輩ですよ。

 グラントリノすら脅かした戦闘力を持つ存在が加入したとなれば、戦闘バランス的には申し分有りません。
 丁度タイミング良く、噛ませ犬になってくれそうな面々も出て来ましたしね。

 とは言え、本心としてはデトラネットには連合と拮抗する位の第三勢力となって欲しいという思いが有ります。
 しかしギガントマキアを退ける位強いとなると、それはそれでギガントマキア(笑)みたいになってしまいますし、逆に連合にあっさり負けるならインターンのヤクザの焼き直しやんけ、という話になってしまいます。
 正にあちらを立てればこちらが立たず。さて、どう扱うのやら。

独り言:あれから早8年

 あの震災から、もう8年も経ちますか。
 年を重ねた事も有るのでしょうが、そんな前の事とは信じられません。

 しかし、信じても信じなくても、毎年やって来るこの日です。
 喪に服すのも大切ですけど、防災グッズの確認も是非やっておいて下さい。
 備えの有無は本当に本当に大事ですので。

 ……と書きつつ、東京には防災グッズを何も持って来なかった訳ですが。
 いやぁ、何か有った時はこっちの方が脆そうですし、買っておこうかな。


3月12日(火)

独り言:ピエール瀧がコカインで逮捕

 捕まった挙げ句に本人も認めているのに、全く好感度に変化無し。依然、高いままです。

 ぶっちゃけ、この人の場合は麻薬をやっていても不思議ではなかったですからね。
 ステージパフォーマンス然り、悪役系の演技然り、例の『富士山』とかその極みでしょう。
 ただ、薬抜き(という前提)で薬入りっぽい感じを出していたのが素晴らしさの1つだったので、マジでやってちゃ駄目やろがい。的な感情も多少有ります。
 薬を使いたい気持ちは分かるけどな。これドラマじゃねぇから。

 ともあれ、早いところ更生してして出て来て欲しいものです。
 落ち着いてやり直しなはれ。

余談

 これでまーた色々自粛とか中止が始まっちゃうんですかねえ。
 『SIREN 2』も将来的なリマスターとかの可能性も0になっちゃうのだとしたら、それは非常に残念です。


3月15日(金)

飲酒メモ

  • 本日の理由:歓迎会?
  • 本日の面々:東京の友人ら 合計4名
  • 本日の飲酒:カルピスサワー×1


3月16日(土)

独り言:ゲーム制作ツール『GameGuru』Steam版、期間限定・数量限定の無料配布がスタート!

 無料と聞いて取り敢えず手に入れておく貧乏根性。

 いえね、小説にせよゲームにせよ、諦めていないというか、むしろ後者は色々作成していたりもするんですけど、時間と気力と体力がアレでコレで。
 中二病だけは、以前より深刻な状況になっているんですけどね(しかも出し入れ自由)。時間の使い方がどんどん下手になっている様に思えます。
 前者は……そうですねえ、東京勤務中に何かしらやっておきたいなあ。


3月17日(日)

備忘:本日のS.M.A.R.T.

  • 内臓SSD:正常 30℃
  • 内臓HDD:正常 34℃


3月18日(月)

今週のブラック・クローバー:ページ197 まやかしの希望

今週の粗筋:
 アスタとユノのタッグですら悪魔には太刀打ち出来ず、パトリが捕まってしまう。
 だがアスタとユノは再び立ち上がり、悪魔の攻撃を防ぐのだった。

 カラー扉絵、中々良いんですけど、どう見ても『ページ196』に見えるんですよねえ。
 これがまやかしか。

 さて、悪魔の言霊魔法は、その名の通り『言った事が現実に起こる』魔法との事。
 額面通り受け取れば非常に強力な魔法ですが、描写を見る限り説明と内容が一致しているか甚だ疑問です。

 例えば先週、パトリの魔法に対し『戻りなさい』と発する事で魔法を反射している為、言った事が現実になった様に見えます。
 但し、これは純粋に魔法を反射したのか、反射する程の衝撃を与えて反射させたのかまでは分かりません。
 この違いは結構大事で、『言った事が現実になる』と『言った事が現実になる様に頑張る』位の差が有ります。
 前者はある種の因果律干渉型なので防ぎようが無いですけど、後者ならば頑張りが足りなければ攻略出来ますからね。

 そして、恐らくこの悪魔の言霊魔法は後者です。
 言った通りになるならば、『潰れなさい』と言われた時点で対象は潰れないといけないんですよね。
 しかし、潰す為に瓦礫を落とすというプロセスが必要だった上、結果的にアスタもユノも潰れていません。
 こうした事から、言霊魔法とは『発した言葉を現実化する上で、その状況・環境に於いて最適な事象を引き起こす』魔法であると推測出来ます。

 結果をコミット出来ない因果律操作なんて因果律操作に非ず。
 『回避する』という結果をコミット出来る姐さんの方が上やな!

今週のONE PIECE:第936話 “大相撲インフェルノ”

今週の粗筋:
 クイーンは負ければ刃が飛び出る首輪をルフィとヒョウ爺に付け、部下達との相撲を提案する。
 海楼石の手錠を外されたルフィは、早速覇王色で雑魚を一掃するのだった。

 ナミの幸せパンチ再び。
 ギャグモード限定にせよ、耐性が無いと広範囲が一時戦闘不能に陥るという効果は覇王色級ですね。
 サンジも夢が叶った様で何より。
 ……個人的にはロビンさんの方が以下略。

 分からないでもないですけど、しのぶちゃんは無いわ。

 そしてクイーンは、ルフィvsヒョウ爺を組む外道かと思ったら、結構スタンダードな感じでまた好感度が上がりました。
 部下どころか敵とも面白やり取りが出来るとは……コイツ、やりよるわ。

今週の僕のヒーローアカデミア:No.220 僕のヴィランアカデミア

今週の粗筋:
 資金難や人員不足により精彩を欠く連合の前に、ギガントマキアが現れる。
 苦戦する連合に対し、ギガントマキアのラジオから『ドクター』が語りかけるのだった。

 A.F.O.逮捕後もドクターとの接点は有ったと思いきや、割と孤立無援だったのですね。
 それにしたって荒れ過ぎというか、組織としての軸の無さが酷過ぎる様に見受けられます。
 メンバーがメンバーですけど、もう少し死柄木にはリーダー性を発揮して欲しいところ。一応はA.F.O.の後継者ですし、緑谷君インタビューで一皮剥けた筈なのだから。

 時系列的には、このエピソードが1.5ヵ月前でチャート公開の頃なので、この戦闘の後でドクターからハイエンド脳無を預かった事になります。
 再会から短納期でハイエンドを投入したにせよ、再会前からコツコツ作っていたにせよ、ドクターの社会への脅威度は個人で連合を上回っていそうな感じです。
 暴力のギガントマキアに、頭脳のドクターを加えて連合のテコ入れ完成ですかね。
 う〜ん、流石にこれはデトラネットが勝てる気がしないぞ……。


3月19日(火)

独り言:クレジットカードが不正利用されていた件

 タイトル通りなんですけど、こういう事って有るんですね。
 完全に他人事だと思っていたので結構衝撃を受けました。

 事の始まりは昨晩。
 ふと年明けに購入したPCの値段を再確認する為に、クレジットカードのWEB明細を確認した際――普段は全くしない事なんですけど、この日に限って何と無く――来月分の請求を見たんですね。
 そうしたところ、『BILL ITUNES COM』という謎の請求を発見したのです。
 しかも3万円で結構高い。

 Google先生に訊いてみたところ、iTunesからの請求だと教えていただきました。
 とは言え、今月iTunesで何かを購入した記憶は一切有りません。
 一応apple IDの購入履歴を見ましたが、3年以上購入履歴は有りません。
 この時点で、何かしらの不正利用をされたと確信したのですが、22時を過ぎていた為appleにも電話出来ず、昨日はこれ以上何も出来ないな、と諦めて就寝。改めて本日、appleに電話してみました。

 最初に出た方に上記の状況を説明した後、自分がapple IDの正しい契約者であるという事を確認する為の契約確認を実施。
 続いてiTunesの担当に繋いで貰って、クレカ番号の頭と終わり部分だけを報告。
 最後に、向こうでの調査を数分間保留で待った後に、『不正利用されている事が確認出来たので、返金処理します』という返答と、『お使いのクレジットカードではiTunesで買い物出来ない様にしておきます』と言われて応対終了。
 通話時間は大体48分位。お問い合わせが集中するAMだった為か、最初の方が出るまでと、次の方に代わって貰うまでが長かったですが、応対自体は端的で分かり易く、親切に対応して貰いました。

 そんなこんなで、請求取り消しとiTunesでの不正利用の防止が完了出来たので、次は三井住友に連絡してカードの再発行を依頼です。
 電話で状況を伝えると、すぐに『電話終了と同時に今のカードは使えなくなります。新しいカードは1週間〜10日で届きます』と言われ処理が完了しました。
 届いた後に、各サービスの登録し直しが要る事を考えると相当鬱陶しいのですが、取り敢えずは一段落です。

 冒頭書いた様に、特に根拠も無く『自分が被害に遭うとは思っていなかった』為、一瞬戸惑いましたね。
 そもそも、クレカを登録している先なんて数える程しか無いですし、外で使った事も無いんですけど、一体どこから情報が流出したのやら。

 軽く調べた限りでも同様の事例がそこそこ有る様ですので、クレカを使っている方々は定期的に明細を見る事を推奨します。
 自分の様に、未来日の請求であれば払う前に阻止出来ますしね。


3月20日(水)

独り言:PC向けVR対応ヘッドセットの最新型『Oculus Rift S』発表。4万9800円でリリース予定

 VR自体が成功しているとは言い難いものの、少しずつお手軽な装備、お手軽な金額になって来ましたね。
 これ位のパフォーマンスで3万円を切ったら購入して色々試してみたいかな。

独り言:KONAMI、『グラディウス』や『悪魔城ドラキュラ』など往年のタイトルをセットにした『アニバーサリーコレクション』シリーズの発売を決定

 悪魔城シリーズが欲しいです。
 最初はレトロ系で来るのでしょうが、DSのシリーズもまとめて出してくれたら即買いますね。

独り言:アニメ版『バキ』の第2期・大擂台賽編の放送が決定

 中途半端な終わり方でしたし、何れ来るだろうと思っていましたが結構早めに来ました。
 大擂台賽編は、『バキ』シリーズで普通に楽しめた最後の話なので、期待しちゃいますよね。
 金剛拳、サムワン、スパークして裏返ってからの復ッ活ッ!、書文、2秒、寂の騙し討ち等々、是非観たいシーンが山盛りです。

 それに何より、この頃はアライJr.もオリバも強キャラでしたしね。
 まさかこの後で、特に目的も理由も分からないままボコボコにされて退場したり、相撲レスラーの噛ませ犬にされるとは予想も出来ませんでした。
 『昔は良かった』の極み。


3月21日(木)

ゲーム:ドラゴンクエストX ver4.5 遙かなる未来への旅路

ver.1の粗筋(ネタバレ抜き):
 時を超える力を持つ『エテーネの民』である主人公は、その力を危険視した冥王ネルゲルに殺されてしまう。
 ネルゲルはエテーネを滅ぼした後、勇者の居るレンダーシア大陸を封印し、世界征服の為に動き出す。
 だが『生き返し』の術で別の種族として転生した主人公は、ネルゲルを討伐する冒険に出るのだった。

ver.2の粗筋(ネタバレ抜き):
 遂にレンダーシア大陸に辿り着いた主人公は、そこで勇者姫アンルシアと出会う。
 2人は大魔王マデサゴーラの野望を阻止する為、賢者達の組織『叡智の冠』の協力や、過去の勇者の足跡を追って多くの力を身に付ける。
 しかし、大魔王もまた世界を創造した神の力を求め暗躍するのだった。

ver.3の粗筋(ネタバレ抜き):
 平和を祝したパーティの最中、ネルゲル襲来時に生き別れた兄弟姉妹に勇者姫を浚われてしまう。
 連鎖する様に各国の仲間達が竜族に浚われる事件が発生、主人公は竜族の世界・ナドラガンドへと向かう。
 ナドラガ教団のエステラと出会った主人公は、仲間を救う為、そして封印されたナドラガンドを解放する為に『邪悪なる意志』との戦いに身を投じていくのだった。

ver.4の粗筋(ネタバレ抜き):
 兄弟姉妹から受け取った『エテーネルキューブ』で、主人公は『時渡り』の力を得る。
 そして、時の妖精・キュルルに知らされた『滅びの未来』を変える為に、過去の世界へと旅立つ。
 未来を救う冒険の中、幾つもの出会いと別れを経て、主人公は自分のルーツや歴史の真実を知るのだった。

 という事で、Version4シリーズの最終章、早速遊んで来ました。
 感想。若干駆け足だったけれど、4のまとめとしては悪くない。というか良い。80/100点。

 心地よい充実感と、ほんのりとした喪失感のブレンドが良い感じとでも言いましょうか。
 まだ公開から1日なので余り詳細は書きませんが、正に出会いと別れを経た上での『未来への旅路』は、色々と心に来る物が有りました。
 これは主人公だけでなく、様々な人物が人知れずに世界を救った物語であり、誰もが困難に立ち向かった人間賛歌の物語であり、親と子の物語でもあったのです。

 それだけに『これどう畳むんだろう』と心配する位広げていた大風呂敷も割と綺麗にたたみ、これまでの謎や伏線も概ね納得出来る形で回収され、綺麗に着地した様に思います。
 一部のイベントが何だか淡泊だったり、終盤のボス戦連戦のバランス調整が雑だったり、ラストダンジョンまで使い回しだったりPVが手抜きだったりPVが酷かったりPVが雑だったりした以外は不満は有りません。
 尤も、幾ら何でも主人公とヒロインは『世界の為に』色々失い過ぎている感が強いのが気になるところ。
 今後4.5後期でエピローグクエストが配信されるらしいので、そこで何らかの救済が有れば尚良いかな。

   

 尚、エンドロールに入るまでの展開・演出は歴代で最高でした。
 トビアスの外伝クエもそうですけど、あんなの泣くなと言う方が無理な話。涙腺弱い人に取っては。

余談

 いつか余裕が有る時に、4.xシリーズの総括は書いてみたいなあと思っています。
 淡泊だったり薄味だったりする部分も有りますけど、やはり『DQX』は物語が面白いです。

余談 その2

 あー。ただ、4.xは全体通してPVが最低だった事は今断言しておきます。
 幾ら何でもカットシーンの編集だけでPV完成!は手を抜き過ぎです。

  • 4.1からPVの構成を変更します ←分かる
  • 更新情報は別途発信しているのでPVから省きます ←分からない
  • カットシーンを編集して格好良く作ります ←そりゃ当然では
  • でも4.5のカットシーンはネタバレばかりなのでPVに入れれませんし、更新情報も入れません ←???

 そもそもカットシーンを編集して格好良く見せるって、どんなB級映画だって見せ場だけで繋げばそれなりに面白く見えるものなんですよ。
 ユーザーが期待しているのはそんな事じゃあないでしょうに。


3月22日(金)

飲酒メモ

  • 本日の理由:息抜き
  • 本日の面々:上司と同僚 合計3名
  • 本日の飲酒:ハイボール×1

 初めてハイボールを飲みました。もう要りません。


3月23日(土)

独り言:Google、ゲームストリーミングプラットフォーム『Stadia』を発表

 今一盛り上がりきらないクラウドゲーム業界に、遂にGoogleが参戦。
 コントローラーとChoromeさえ使えればハードを問わずに遊べる上、Googleデータセンターを活用してネットワークの遅延を抑える、というGoogleの強みを活かしたサービスになる様です。

 最新のゲームを遊ぶ為に、数年間隔で数万円のハードを買う必要が有る現状に対し、基本的には買い換え不要という仕組みは相当な強みと言えます(サブスクリプションの金額次第ですけども)。
 ただ、720〜2160pの映像配信&操作を、遅延を感じずに楽しめるだけの通信環境が確保出来るか、という極めて大きな課題が残りますね。
 現状、光回線でも1080p動画の読み込みが遅いご自宅は多数有るでしょうし、映像生成をクライアントに任せている今のオンラインゲームですら、ラグは発生しています。
 喩え世界中のデータセンターを使ったとしても、一挙に全て解決するのは難しいでしょう。そもそも今回のデモですらラグが出ていた様ですし。

 最近は5Gの話も出ていますが、通信の輻輳そのものとは別問題ですし、もう少し通信インフラに関するイノベーションが起こらないと、クラウドゲームが既存ゲーム機に勝つのは難しいと思います。
 試みとしては正しいと思うんですけどね。VRと一緒で、技術が理想に追いついていない気配がする。


3月24日(日)

備忘:本日のS.M.A.R.T.

  • 内臓SSD:正常 30℃
  • 内臓HDD:正常 35℃


3月25日(月)

今週のブラック・クローバー:ページ198 五つ葉の魔導書

今週の粗筋:
 悪魔はパトリの絶望から五つ葉のグリモワールを創り出し、完全復活を図る。
 アスタ達は悪魔を追うが、ダークエルフとなったパトリが立ち塞がるのだった。

 ダークエルフ!そういうのもあるのか。
 エルフが出て来た以上、ダークエルフが出て来てもおかしくないというか、むしろ邪心モードのエルフをダークエルフと呼称しても良い位だったのに、一切その発想に至りませんでした。目から鱗。

 とは言えですよ。
 ファンタジー作品で『ダークエルフ』という概念・種族は一般的ですけど、この漫画内としては唐突じゃあないですかね。
 パイセンのドワーフ設定に比べればマシと判断するべきなのかも知れませんけど、それにしたって。
 しかも種族では無く、邪心に乗っ取られるとダークエルフになると。じゃあ何か、人間+邪心ならダークヒューマンなのか。フッハと邪心でダークフッハなのか。

今週のONE PIECE:第937話 “おいはぎ橋の牛鬼丸”

今週の粗筋:
 相撲で連戦するルフィを、クイーンはお汁粉を食べながら鑑賞する。
 一方、ゾロはおトコを狙う人斬り鎌ぞうを撃退するのだった。

 おトコちゃんを抱えているのは小紫?
 目の感じはそう見えなくも無いんですけど、流石に別人かな。

 彼女達を助けたゾロが、敢えてとは言え大きめのダメージを受けるのは、実は新世界で初めてな感じがしますね。
 魚人島のホーディは海中ですら圧倒し、ヒョウゾウは雑魚扱い、パンクハザードではモネを威圧だけで制し、ドレスローザのピーカも相手が逃げるという点にのみ苦戦したものの、最終的には一方的に斬り捨て御免状態でした。

 ドフラミンゴの鳥カゴとかいうインチキ舞台装置を斬れない展開こそ有ったものの、以後は戦闘が無いまま今に至るので、鎌ぞうはそれなりの実力者だったのでしょう。
 デザイン的には、赤鞘の人っぽい気もするのですが、はてさて。

 それと、黒刀の『成った』という表現。
 ゾロの回想でミホークが『全ての刀は黒刀になりえる』と言っていたのは、覇気で黒刀と互角になれるという意味では無く、覇気により『黒刀になる』という事なのでしょうか。
 詰まり、世の中に有る黒刀は全て、実力者による利用を経てそれに至ったものである、と。
 それって中々の浪漫ですよね。そゆん好き。

今週の僕のヒーローアカデミア:No.221 オール・フォー・ワンの置き土産

今週の粗筋:
 ドクターに呼ばれた死柄木達は、そこで複数のハイエンド型脳無を目の当たりにする。
 だがドクターは、手を貸す前に死柄木が何をなそうとしているのか問いかけるのだった。

 『氏子さん』は女子じゃなくドクターでした。
 これ以上、連合に女性が居ても仕方無いし、妥当かな。ハイエンドは女性型が居るっぽいですけど。

 という事で、ドクターこと氏子達磨(仮)が連合の前に姿を見せました。
 その顔を見る限り、以前より噂されていた『緑屋君に個性は無いと判断した医者』説を裏付ける様なデザインです。
 『どこかで会っているかも』という言い回しも、表の顔は医者である、と仄めかしている様に聞こえます。

 仮に、彼が居者だったとして、O.F.A.の側近を名乗り、国を傾ける事さえ出来そうなハイエンド脳無複数を持つドクターが、目的も無く善意で働いているとは思えません。
 O.F.A.や脳無に役立つ個性や人間を探していたと考えるのが妥当でしょうか。
 屡々、緑屋君は『個性が無いんじゃなく奪われた』という説を見かけますが、実際そうなのかも知れません(個人的には、個性も無く肉体にも特に秀でたポイント無し、とスルーされただけだと思っていますけど)。


3月28日(木)

今週のバキ道:第26話 「八角形の土俵」

 武蔵の時と同じ展開ですね。
 取り敢えず刃牙も噛ましとく、と。

 しかも展開が前回より雑です。
 オリバまで噛んでおきながら、今更『信用しとらんから刃牙と闘え』て、もっと信用出来ない奴らゴロゴロしとるやろがい。

 これで刃牙が瞬殺したら『バキ道』の単行本を買うかも知れませんが、きっと負けるか曖昧な決着でお茶を濁すんでしょうね。
 そんな詰まらない展開している暇が有ったら、クローン技術によるリベンジ烈を出してくれないかなあ。


3月29日(金)

ネットで発見:ある日突然自分の建物を他人がショベルカーで破壊しても『建造物損壊』にはならないのか?

 え、何これ怖い。

 記事を読む限り、今の日本では『悪意を持って法の不整備を突けば一方的に建物を破壊可能』な可能性が有ります。
 どうも手慣れた業者の仕業に見えますし、被害はGIGAZINEだけでは無いのでしょう。
 狙われたのが個人ならば泣き寝入りするしか無さそうですし、今回の件で問題が社会的に認知され、法による対処がなされる事を祈ります。

飲酒メモ

  • 本日の理由:クライアントの課長の送別会
  • 本日の面々:同僚やクライアントの面々 合計約20名
  • 本日の飲酒:ビール×2
  •  課長は、自分が知る限り自分にも他人にも厳しい完璧主義者で、良くも悪くも我(々)の敵であり理解者であり最強の盾でした。
     正直、仕事がし辛いと感じた事は幾度も有るんですけど、この人が居たからこそ色々まとまっていた事も感じています。
     居たら居たで大変ですが、居ないと居ないと先行きが不安。きっとこれから、課長が居た有難味をもっと実感していくのだろうなあ。


3月30日(土)

独り言:『メガドライブ ミニ』は2019年9月19日発売

 プレステのはスルーしましたけど、これは欲しいですね。
 40タイトルという気合いの入れ方に、最初に公開された10本に『ガンスターヒーローズ』と『VAMPIRE KILLER』を入れて来るセンスの良さですよ。
 既に買わない理由が有りません。絶対買う。

独り言:PS4『新サクラ大戦』、キャラデザは久保帯人氏が担当!

 友人らに薦められながらも結局遊んだ事の無いシリーズですが、久保先生の名前を見かけて記事を読んでみました。
 うん、このデザインは確かに久保先生だ。

 しかし……う〜ん。
 らしくて良い、と思う一方で、物足りなさを感じている自分が居ます。
 言語化が難しいんですけど、ワクワク感が足りないと言うか、ハッタリが不足していると言うか、兎に角何か足りない。
 久保先生の女性デザインは嫌いじゃないんですけど、もしかして自分が先生に求めているのはダークサイドの凄みなのかも知れません。

 あ。O氏に言っておきますけど、仮に敵のデザインがツボでも買わないです。


3月31日(日)

備忘:本日のS.M.A.R.T.

  • 内臓SSD:正常 30℃
  • 内臓HDD:正常 34℃


2004年:1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2005年:1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2006年:1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2007年:1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2008年:1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年:1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年:1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年:1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年:1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年:1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年:1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年:1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年:1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年:1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年:1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年:1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月