a 適当。

10月1日(木)

独り言:ラスプーチンはネタキャラなのか

 立ち寄ったコンビニの本棚で、意外な漫画を見掛けました。

 雑君保プ先生以外の『ワールドヒーローズ』漫画なんて有ったんだ……。


10月2日(金)

独り言:キメラの研究は『大多数から支持されている』

 掛け合わせる動物の良いところを良い感じで組み込めるなら需要もメリットも有るでしょうが、そこに行き着くまでの事を考えると恐ろしいですね。
 それこそ『鋼の錬金術師』のアレが起こる可能性も有る訳ですし……。

 あ、そう言えば『テラーフォーマーズ』の再開はまだカシラ。


10月4日(日)

備忘:本日のS.M.A.R.T.

  • 内臓SSD:正常 31℃
  • 内臓HDD:正常 33℃


10月5日(月)

今週のブラック・クローバー:ページ266 暗い園の誘い

今週の粗筋:
 ナハトは暴牛メンバーにも状況を伝えた後、アスタを連れて『従魔の儀』を始める。
 そしてアスタの中の悪魔を召喚し、戦って勝つ様に指示するのだった。

 ナハトがアスタを連れて行った屋敷は、写真の1コマを見る限りではナハトの生家跡なんでしょうね。
 写真に映る彼の横の人物が黒塗りされている為、その人物にまつわるトラブルが起きたと予想されます。
 昔の彼を知るっぽいジャックとのやり取りもその辺に関係しているのでしょう。
 もしかしたら双子で、文字通り『死んだ』のかも知れないですけども。

 アスタは漸くゲゲゲさんとご対面。
 彼もいわゆる上位悪魔には恨みが有りそうですし、結構すんなりこの儀式は終わる可能性が高そうです。
 で、悪魔絡みでトラブルにあった(であろう)ナハトさんが、仲の良い2人を見てイライラみたいな。

今週の僕のヒーローアカデミア:No.286 僕らの中の人

今週の粗筋:
 爆豪の犠牲を無駄と言い放つ死柄木に激怒する緑谷だったが、A.F.O.に触れられてしまう。
 そして精神の世界の中で、A.F.O.と死柄木、そして志村菜奈と出会うのだった。

 え、リモートじゃなくて実際中に入っていたの?的な感じで死柄木の中からチラ見えするA.O.F.のホラー感。
 『そういう個性』と言われればそれまでなのかも知れませんが、とんでもなく気持ち悪いですね。
 オールマイトに『生徒離れ出来ていない』とか言っていた癖に、離れるどころか合体していたのはどうなんだ。

 そして、ここで志村のおばあちゃんと孫が遂に対面。
 今更それで死柄木の何かが変わるという事も無いでしょうし、志村家の話よりも他の先代メンバーの顔見せにも期待したいところです。


10月7日(水)

漫画:サムライ8

 連載時は序盤で読むのを諦めてしまった為、改めて第1巻〜最終巻まで読んでみました。
 うん、これは打ち切りになるわ。

 端的に理由を書くと『少年漫画(orジャンプ漫画)で回避するべき事』を敢えて全部やってみた!という仕上がりなんですよね。
 1話を読んだ時に感じた『目が滑って読み辛い』のを筆頭に、恐ろしいまでに弱い1話の掴み、好感も共感も出来ない主人公達、一々迂遠で独特過ぎる台詞回し、そんな台詞で語られる説明の為の説明、物語上の繋がりや必然性を一切感じられない設定等々、魅力的な要素が何も無い。本当に何も無い(2回)。
 ここまで駄目なのに、誰も何も突っ込まなかったのかな……。


10月9日(金)

独り言:『ダライアス コズミックリベレーション』は2021年2月25日発売

 昔のゲームを現行機で販売する事は良い事だと思うんですけど、

なおAmazon.co.jpで10月13日から14日にかけて開催される特売企画・Amazonプライムデーには,本作の限定商品が登場する。期間中に対象商品を購入すると,ゲームソフト「ダライアス EXTRA Ver.(メガドライブ)」のダウンロードコードが付く模様である。このソフトは,セガの「メガドライブミニ」に収録されているメガドライブ版初代「ダライアス」をもとにアップデートした“本商品オリジナルのバージョン”であるという。

 こういう売り方はどうなの?という気がするんですよね。せめてそのバージョンも単独で出しましょうよ、と。
 業界全体にこういう販売法が拡散しない事を祈るばかりです。


10月11日(日)

備忘:本日のS.M.A.R.T.

  • 内臓SSD:正常 31℃
  • 内臓HDD:正常 35℃


10月12日(月)

今週のブラック・クローバー:ページ267 従魔の儀

今週の粗筋:
 悪魔だから悪とは限らないと言うアスタを前に、悪魔はかつで出会った人間の事を思い出すのだった。

 一見ノリノリに見えて、やはりアスタへの殺意は無いらしい悪魔。
 今までも協力的でしたし、彼は人間よりも他の悪魔を憎んでいるのでしょう。
 回想の新キャラが他の悪魔に殺された、とかですかね。

 その新キャラは見るからにアスタの血縁っぽい容姿。
 ユノの生まれがさっくり明らかになった様に、ここでアスタの生まれも描かれる事になりそうです。

 ……という事は、今回のスペード王国及びルチフェロとの戦いが本作の最終章なんですかね。
 最早謎らしい謎も無く、アスタやユノ、ノエル辺りはこの2日間で団長と同等かそれ以上になるでしょうから、続けるネタが尽きそう。
 悪魔との戦い後にダイアモンドと戦うというのも何だかアレですしねえ。
 強いて言えば『そもそもグリモワールって何なのか』的な話なら出来るかも。

今週の僕のヒーローアカデミア:No.287 間違い

今週の粗筋:
 志村菜奈と初代O.F.A.の協力を得た緑谷はA.F.O.を押し返す。
 だが、荼毘達を乗せたギガントマキアは刻一刻と近付いて来ているのだった。

 割とあっさりした菜奈と死柄木のご対面。
 緑谷君やA.F.O.も居るからか、ドラマらしいドラマも有りませんでした。
 生前に面識が有る訳でも無いですし、ドラマを期待するだけ筋違いなのかも。

 そして、度々狂気性が描写されて来た緑谷君に、初代O.F.A.からも『常軌を逸している』認定がおりました。
 あの状況で死柄木さえ助けようとするのはもう良く分からないですもんね。常軌を逸しているとしか言えない。
 しかし初代もそこまで緑谷君を評価するなら、ここで歴代を引き連れてくれば良かったのに。
 メタ的にはまだこれから出番が有るという事なんでしょうけど、気になりますね。


10月13日(火)

独り言:クーロンズゲートの続編『クーロンズリゾーム』がついに始動か

 アセットなんだ!?と思いつつ、どんな形であれ続編始動に感極まりました。
 漸く、これで漸く蘭暁梅の行方が明らかに……!ならなかったりして。有り得るから困る。


10月16日(金)

独り言:『シン・エヴァンゲリオン劇場版』2021年1月23日公開

 漸く公開日が決まりましたね。
 やはり、こうして映像を観ると気になりますね。とても観に行きたい。

 とは言え、恐らくその頃も新型コロナウイルス問題は続いていますよね。どうにも行くのを躊躇われるな。


10月17日(土)

独り言:PCエンジン互換機『Analogue Duo』が発表

 凄まじいまでの『何故これを今?』感。
 一定の需要は有りそうですけど、どれ位の利益が有るのだろう……。


10月18日(日)

備忘:本日のS.M.A.R.T.

  • 内臓SSD:正常 31℃
  • 内臓HDD:正常 33℃


10月19日(月)

今週のブラック・クローバー:ページ266 悪魔

今週の粗筋:
 魔力を持たないが故に迫害された悪魔リーベは、現世で出会ったリチタに救われ平和な日々を過ごす。
 だがルチフェロの所為でリチタを失い、リーベは全ての悪魔への復讐を誓うのだった。

 この話を1話で済ませるのが流石というか何というか。
 些か淡泊ではあったものの、リーベの過去や行動動機、リチタの覚悟等はしっかり伝わりました。
 しかしまぁ……この年になると、リチタの境遇や想いにはグッと心を動かされますね。ルチフェロ、許すまじ。

 ここでアスタの過去も明かされるかと思いましたが、仄めかされる程度で終わりました。
 顔立ちや髪型を見る限り、リチタがアスタの母親なのは間違い無いでしょう。体質と気合いだけでルチフェロを退けるあたりもそっくりですし。
 ただその体質――魔力に加えて生命力まで奪うという、ヘンリーを更に悪質にした様な体質上アスタを育てる事が出来なかった様です。
 その体質でどうやって子供作ったの?という気がしないでもないですが、それはそれでいつか分かるのかな。

今週のONE PIECE:第992話 “残党”

今週の粗筋:
 マルコはペロスペローの提案で手を組むが、ビッグ・マムの同盟の意思は固く結局敵対する。
 その頃、赤鞘の面々は各々の技でカイドウに傷を負わせ、おでん二刀流の一撃を加えるのだった。

 ビッグ・マム相手に啖呵を切るマルコが格好良いですね。
 立場的には彼も四皇直下のNo.2ですし、カタクリやジャック達と同等の力が有っても不思議では無い訳です。
 四皇に勝てる程強いという事では無いのでしょうが、それなりに渡り合えるのでしょうね。

 そして、人数が多いとは言え四皇幹部を倒した上にカイドウにダメージまで与えられる赤鞘もまた強い。
 ここまで一方的だとさっくり逆転される未来しか見えないですけど、それにしれも強過ぎます。
 感情的なブーストがあるにせよ、錦えもんもここまで強いならドレスローザでもっと活躍出来たのでは……。

今週の僕のヒーローアカデミア:No.288 助け出せ!!タケオさん

今週の粗筋:
 お茶子を見つけ出したトガは、彼女を誘い出し『自分をどうしたいか』問いかけるのだった。

 微妙にすれ違っているお茶子とトガちゃん。
 緑谷君程の異常性は無いにせよ、恐らくお茶子の『1人でも多く助けたい』には善も悪も無く、喩えトガちゃんであっても助ける必要性があれば助けると思うんですよね。
 トガちゃんにはそれが伝わっていないし分かりもしない。
 この後、マキアの壊したガレキとかからお茶子がトガちゃんを守ったりすれば伝わるかも知れませんけど。

 ところで、こないだからやたらと何かの『準備』にはしゃいでいる荼毘も気になります。
 ここにきてまだハイエンドを持っているのか、もっと別の何かが有るのか。
 『ヒーローはヴィランを騙す為なら仲間も殺すんだぜ』とジーニストの死体を見せたところで、本物ジーニスト登場とかだと熱いなあ。冒頭の人物はほぼ確実にジーニストでしょうし。


10月22日(木)

独り言:コジマプロダクション、新プロジェクト開始に伴う人材募集を開始

 『P.T.』的なの来い、『P.T.』的なの来い……!


10月24日(土)

独り言:PS5の『DualSense』はAndroid&PCでも使えることが明らかに

 お、Androidでも使えるのは少し嬉しい話。
 出来る事は多いに越した事は無い。


10月25日(日)

備忘:本日のS.M.A.R.T.

  • 内臓SSD:正常 31℃
  • 内臓HDD:正常 35℃


10月26日(月)

今週のブラック・クローバー:ページ269 魔法が使えないヤツ

今週の粗筋:
 リーベの気持ちを受け止める為、アスタも全力で戦いに挑む。
 そしてヤミの刀でリーベを打ち破るのだった。

 くどい様だけれど、勝負!→決着!が1週で済む展開の速さが本当に良い。
 タイマン勝負なら1戦は長くて3週で良いと思います。集団戦とかならもう少し長くても良いんでしょうけども。

 ところで、どうもリーベはアスタがリチタの子と気付いていないっぽいのが気になります。
 前回の描写的にリチタは子供の事を伝えていなかったと思われますが、リーベなら性格的にも顔的にもリチタの親族だと気付いても良さそうなんですけどね。
 ユノと違って王族だった訳でも無いですし、読者さえそれが分かれば本人がそれを知るかどうかは本編には影響しないという事なのかな。
 ヘンリーに通じる謎の体質が今後のポイントになりそうだけれど。

今週のONE PIECE:第993話 “ワノ国の夢”

今週の粗筋:
 クイーンが新たな疫災弾『氷鬼』で場を混乱させる中、ヤマトはモモの助を守る為にササキと対峙する。
 そしてカイドウはおでんに及ばない赤鞘の攻撃に失望し、カマイタチを放つのだった。

 案の定、流血はしててもダメージ自体は殆ど無かったカイドウ。
 やはり格が違うというか、スペックがおかしいですね。
 色々対策されるとは言え地形を変える程の力が有る炎の息に、雷となる咆哮、そしてカマイタチの攻撃。
 普通なら単体で悪魔の実が必要になりそうなところ、攻撃手段の1つとして扱えるのは強過ぎる。
 その上、打たれ強さと回復力まで持っている訳ですからね。タイマンなら最強は伊達じゃないわ。

 お菊の腕は、ローなりチョッパーなりがどうにかしてくれる筈。最悪フランキーによる改造で多分どうにか。


10月27日(火)

独り言:スターリンに愛を伝授する『Sex with Stalin』

 ヤバイという言葉しか出て来ない……。
 どういう心境で作ったんだろう、これ。


10月31日(土)

独り言:折角だからGo To トラベルを利用するぜ!

 普段なら宿泊するのを躊躇う金額のホテルに、Go To トラベルを活用して泊まって来ました。
 エントランスからして違う、ホテルマンの立ち居振る舞いが違う、部屋の広さが違う、見渡しが違う――と良い意味での違う尽くしを満喫。
 新型コロナウイルス拡大の槍玉に上げられがちですし、実際そのリスクも有るんでしょうけど、利用者が出来る範囲で感染対策をすれば割とWin-Winな施策だと思います。と、楽しんだ後だから語る。


2004年:1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2005年:1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2006年:1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2007年:1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2008年:1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年:1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年:1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年:1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年:1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年:1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年:1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年:1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年:1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年:1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年:1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年:1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2020年:1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2021年:1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月