10月1日(木)

備忘:スタイルシート

 弊サイトの横幅を若干調整したのですが、ローカルでは反映されるのにアップロードすると反映されないという事象が発生しました。
 ローカルで正常に見えている以上スタイルシートの記述ミス等は無いだろうと考え、ページの完全更新やサーバ側のスタイルシート削除→再アップロード、別ブラウザでの表示とかPC再起動とかを試したりしたものの改善出来ず大ピンチ。
 数分困った末に『一箇所だけ単位(px)が抜けていた』という詰まらないミスが原因だった事に気付いて事無きを得ました。これでレイアウトの微調整は一段落。

 ただ、今回のミスで『ローカル上だと単位が抜けても何と無く解釈して表示してくれる』事を知って驚きました(ブラウザはFirefox)。
 どうせならネット上でも融通を利かせて欲しいところですけど、そうすると間違いの記述が蔓延していったりするんですかね。
 ……でも、それを気にする位ならローカル上でも変な融通は利かせなければ良いのに。


10月2日(金)

飲酒メモ

  • 本日の理由:送別会
  • 本日の面々:同僚や部下 合計20名
  • 本日の飲酒:ビール×2


10月3日(土)

不具合メモ:Tegra Note 7が充電出来ない

 今年は色々逝くなあ。と遠い目をしつつ。

 昨年購入したTegra Note 7』が充電出来なくなって来ました。
 正確には、『充電ケーブルを繋いでも、角度(?)次第で充電出来ない』という状況です。

 Google先生に聞いてみると該当機種では屡々見られる物理的故障で、充電部分が接触不要を起こし易いとの事。
 自分の物も、最初は端末を床に置かないと充電出来いという状況が続いた後、少し端末を浮かせないとNG、ケーブルを張らないとNGと状況が進行、遂には『運が良くないと充電しない』という現状に至りました。
 今は、毎朝出社前に『充電出来る様に角度を調整し、充電マークが出たらそっと部屋を出る』日々を過ごしています(それでも帰って来ると充電出来ていない日が有る)。

 元々2万円弱でしたし、今の世の中タブレットは消耗品と考えるべきなんでしょうけど、1年半も使うと愛着が出るんですよねえ。
 でも修理の場合の費用が普通にタブレット1台買える位するのが微妙な所。
 頑張れば充電出来るので取り敢えず当面は様子を見ますが、さてどうしたものかな。


10月5日(月)

今週の暗殺教室:第158話 バレンタインの時間

今週の粗筋:
 殺せんせー暗殺の為に岡野を傷付けてしまった前原だったが、カッコキモい手段でどうにかトラブルを解決する。
 2人の仲にクラスが沸く中で、自分のチョコの扱いについて悩む茅野だったが、カルマと中村に見付かってしまうのだった。

 引き続き日常回。
 幾ら何でも、喉元に鋭利なモノを叩き込む岡野さんのバイオレンスっぷりはどうかと思いますが、前原が悪いから仕方無いですね。
 とは言え、お互いに暗殺教室で育ったから良い様なものの、野に放たれた後が不安です。あの脊椎反射的な獰猛性を隠し通す事は出来るのでしょうか。いや、出来ない(反語)。

今週のONE PIECE:第802話 “ゾウ”

今週の粗筋:
 七武海にして自称『白ひげの息子』エドワード・ウィーブルが、白ひげ配下の船長を16人も倒すという騒ぎを起こしていた頃、ルフィ達はサンジ達と待ち合わせた『ゾウ』に辿り着く。
 そこはその名の通り『1,000年生きている象』の背中に栄える国だった。

 最後の七武海、降臨。
 もう本当にガッカリなデザインなんですけど、力だけは本物の様です。

 その血筋も本当か、というと彼の母親である自称『白ひげの愛人』が胡散臭い事この上無いのが気になるところ。
 少なくとも息子の様に父の仇を討つ事は眼中に無く、ただただ白ひげの遺産だけを狙っている様ですし、凡そ白ひげに対する愛は見当たりません。
 或いはウィーブルが本当の息子だったとしても、彼女は純粋なウィーブルを騙して利用しているだけの小悪党という可能性も有るかも知れませんね。
 大体名前がなあ。ミス・バッキンて。うーん。

 ルフィ達サイドですが、今度の舞台は『巨大な象さん』という事で、久し振りにわくわくさせる展開です。
 ここから何年かかるか分かりませんけど、どうせ長くなるなら戦闘よりも冒険を長めだと良いですね。色々と盛り上がりそうなネタも多いですし。

今週の僕のヒーローアカデミア:No.61 最悪のふたり

今週の粗筋:
 オールマイトを相手にタッグを組んだ緑谷と爆豪だが、逃げようとする緑谷と戦おうとする爆豪はお互いに歩み寄る事が出来ない。
 協力どころか喧嘩にまで発展し始めた2人の前に、ビルを吹き飛ばしオールマイトが立ちはだかるのだった。

 相変わらずの2人。
 デクもステインとの死闘を経て成長した筈なのに、カッチャンの前だと昔のままですね。
 やはり幼い頃からの関係は、そんなに簡単に直ったりはしませんか。

 ただ、今回に限って言えばカッチャンだけが悪い訳でも無く、デク側にも問題が有る様に見えます。
 『あのオールマイトと戦っても勝てない』というのは自明の理ですけど、『あのオールマイトから逃げれるのか』という点も考えるべきです。
 逃げようと思って逃げ切れる様な相手ならば、No.1と呼ばれる事も無ければ伝説にもならないのではないでしょうか。
 早速良いコンビネーションを見せる梅雨ちゃん&常闇君コンビや、相澤対策を講じる轟君&八百万さんコンビ等、それぞれが真っ向勝負『以外』の道を選んでいる様に、敵と自分を踏まえた策を練ってクリアを目指すのが今回の授業のポイントなのだと思います。

 しかし、あの破壊力を持ったオールマイト相手に、能力をフルに使えないデクと爆弾系特化のカッチャンでは、余程いい手を考えても正面から潰されそうな気も……。
 スカーの様に、2人の破壊力で地面を崩してその隙に逃げるとか……いや、追い付かれるよなあ……。

 ところで今回登場した『超圧縮おもり』は、いずれデクの修行とかで使えそうですね。
 土壇場で外してパワーアップとか、サイヤ人的な展開も出来そうです。


10月7日(水)

飲酒メモ

  • 本日の理由:お歴々の懇親会
  • 本日の面々:本社の部長や同僚 合計10名
  • 本日の飲酒:ビール×2


10月10日(土)

独り言:2年ぶりの懸賞

 承前
 あの時は某恥ずかしいゲームのタイトルを封筒に書かれて恥ずかしい感じでしたが、今回は普通のゲームが当たりました。

 3DS版の『ダウンタウン熱血時代劇』。
 買おうかどうか迷っているゲームだったので、純粋に嬉しいです。
 懸賞も挑戦してみるものですねえ。


10月12日(月)

今週の暗殺教室:第159話 バレンタインの時間・2時間目

今週の粗筋:
 各々がそれぞれの思いで本命や義理チョコを渡す中、茅野は緊張して何も出来ないでいた。
 だが渚の真剣な顔を見た茅野は、自分が渚の何に惚れたのかを思い出し、ただ笑顔でチョコを渡すのだった。

 もういっちょバレンタイン。
 中村さんが渚に好意を抱いていたのが分かったのと、やっぱり残念なセンスだったあぐり先生の水着姿が見所でした。
 あぐり先生……惜しい人を亡くした。

今週のONE PIECE:第803話 “登象”

今週の粗筋:
 ルフィ達はバルトロメオ達と別れ、カン十郎の能力で象を登り始める。
 その頃、サボに負けたバージェスは革命軍の船に潜み革命軍『総本部』を発見するのだった。

 黒ひげ海賊団が久し振りに登場。
 バージェスは微妙でしたけど、ラフィットとシリュウは渋くて良いですね。

 そんな微妙なバージェスですが、微妙なだけに彼の要請に黒ひげが乗るかもかなり微妙です。
 恐らくは『ワンピース』と『海賊王の座』が目的の黒ひげにしてみれば、敢えて強敵の揃う革命軍に挑むメリットがそれ程有りません。
 精々、世界政府に場所を伝える程度止まりじゃあないでしょうか。
 特に魅力が有る訳でも無く、小物化も甚だしいバージェスはここで退場でも惜しくはないでしょう。

 そして同じく久し振りに登場したバギー一味は、愉快な感じに盛り上がっている様で。
 今週のロビンさんが可愛くてすっかり霞みがちでしたけど、猛獣使いのモージ&リッチーの太り方が彼らの幸せさを物語っている様で微笑ましいですね。
 初期メンバーがこういう形で健在するのもこの漫画の良い所。但し実際に戦うのが何年後になるのか分からないのがこの漫画のアレなところです。

今週の僕のヒーローアカデミア:No.62 爆豪勝己:オリジン

今週の粗筋:
 圧倒的な威圧感と破壊力を振るって迫るオールマイトに対し、緑谷と爆豪は為す術も無くあしらわれる。
 だが『協力する位なら負けを選ぶ』と言い放った爆豪に緑谷が一喝、気を取り直した爆豪は緑谷を『使った』連携プレーを巡らすのだった。

 轟君の時と比べると地味ですが、カッチャンも『オリジン』いただきました。
 『ヒーローは絶対に勝つ』、それが彼の起源。
 デクを認めたくないが故に捨て去ろうとしていた己の原点を拾い上げ、遂にカッチャン再起動です。

 しかしデクも一途と言うか何と言うか、未だ拭えない苦手意識は持ちつつも抱き続けたカッチャンへの憧れが、まるでオールマイトに対するそれの様に強いですね。
 だからこそカッチャンの心を動かす様な事が言えたのでしょうが……轟君の時といい、天然のたらしですなあ。


10月14日(水)

独り言:冬の試される大地は寒くて困る 〜回避〜

 承前
 2年連続で『夏の帝都出張』を喰らっていたのですが、今年はどうにか回避出来ました。
 が、朝一に上司から『来週から2年位札幌に行ける?』と訊かれて震撼。そう来たか。

 取り敢えず『YES』と回答したものの、流石に『長期出張に出し過ぎ』と判断されたのか何なのか、今回は自分では無く同僚(業務上の相棒)が行く事になりました。
 『来週』からの札幌行きを回避出来てホッとした反面、人員が減った状態で業務しないといけない大変さに気付いて萎えスタン。行くも地獄残るも地獄です。

 まぁ、でもやっぱり後数日で支度して2年も札幌に行く方が大変ですかね。
 2年だと出張というか転勤でしょうし、引っ越しの手間を考えると今回は残って良かったのかも。かもかも。


10月17日(土)

独り言:Lenovo YOGA Tablet 2 with Windows

 承前
 友人に『Tegra Note 7』の充電問題を話したところ『殆ど使ってないWindowsタブレットが有る』と、安価で譲っていただきました。
 未だ『Tegra Note 7』も現役なので必須だった訳じゃあないのですが、ガジェットとして『Windowsタブレット』も面白そうですしね。

 という事で、入手した『YOGA Tablet 2』を先ずはWindows10にアップデート。
 Windows8.1より動作が軽いのは確実ですし、何より8.1の操作感が苦手なのでこれは最初にやろうと決めていました。
 端末はリカバリ済みで余計なファイル等も無かったので、この作業は特に問題も起きずに無事完了。良かった良かった。

 が、スペックの問題なのか『微妙に動作が重い』という予想外の事態に遭遇。
 OSの起動自体は非常に速いものの、全体的な挙動は『Tegra Note 7』とは比べモノにならないもっさり感が有ります。
 特にNW経由でファイルを実行しようとした時は、実行に数分待たされる(その間エクスプローラーが応答無しになったりする)という罠を喰らいました。

 そしてソフトウェアキーボードの使い勝手が絶望的な位酷いです。
 例えば、検索窓やパスワード入力フォームはタップするだけでソフトウェアキーボードが立ち上がりますが、アプリ内のテキストエリアやコマンドプロンプト等では別途ソフトウェアキーボードを立ち上げた上で入力したい場所をタップしないと行けない上、ソフトウェアキーボード自体がアプリを覆い隠したりする為、思う様に入力が出来ずに軽く苛々しました。
 この辺りは、最初からモバイル端末に特化したAndroidに比べてお粗末な感じ。

 じゃあこの端末が全然駄目かと言うと、8インチながらフルHDで画面は綺麗ですし、壁掛けも出来るスタンドが予想以上に便利です。
 それに何より、Windowsなので既存資源やノウハウがそのまま活かせる点が楽で良いですね。
 ファイル管理を筆頭に、テキストや資料編集等の『簡単な作業を使い慣れたツールで簡単に出来る』のは最大の利点と言えるでしょう。

 もう少し使ってみないと何とも言えませんが、気軽にブラウジングするならAndroidiOSに軍配が上がるけれど、出張のお供用途ならばこちらが良い――そんな結論に落ち着きそうな気配です。
 自分の場合で考えると、通勤時は『iPod touch』、自宅でブラウジングしたい時は『Tegra Note 7』、PC起動するまででも無い作業や出張時は『YOGA Tablet 2』という使い分けでしょうか。
 いずれにしても、本格的に使うならば持ち運び出来るBluetoothキーボードも準備した方が良さそうなので、それも視野に入れる事にします。


10月18日(日)

独り言:続・Lenovo YOGA Tablet 2 with Windows

 承前
 本格的に『YOGA Tablet 2』のセットアップに取り組んでいました。
 以下、その際のメモ。

  • やはりタッチスクリーンのみでWindowsの詳細設定するのは厳しかった為、メインPC(Windows 7)からリモートで設定する作戦を立案
    • ipconfigでタブレット側のIPアドレスを調べ、メインPCでリモート接続――するも繋がらず
      • FWの設定を確認したところ、そもそもリモートデスクトップの項目が無い事に気付く
    • Google先生に訊いたところ、Windows10 Homeはリモートのホストになれない事が判明。迂闊
      • でもWindows8でも似た様な状況を解決する手段が有った気がして改めてGoogle先生に再確認
  • 先ずはモッサリ動作改善の為に描画をシンプル化(視覚効果をパフォーマンス優先に変更)
    • 実感出来るレベルで多少楽になりました
  • 使わないアプリのアンインストールとピン止め解除を行い、ファイル操作をやり易くする為に『X-Finder』を導入。
  • もう元に戻す事は無さそうなので、Windows8.1に戻す用の隠しファイル『Windows.old』(10GB)を削除
    • 内蔵ストレージが32GBなので、10GBの復元ポイントはでか過ぎ
  • ストレージ量をカバーする為に、初の『OneDrive』を設定
    • 取り敢えずメインPCから、今後出先とかで必要になりそうなファイルをアップロード
  • ブックマークやプラグイン等のデータを取り込み、一先ず作業完了

 概ね設定が終わり一段落。
 視覚効果変更が利いているのか単に馴れたのか、昨日より大分使い易くなりました。
 うむ、良いね。悪くない。


10月19日(月)

今週の暗殺教室:第160話 バレンタインの時間・放課後

今週の粗筋:
 殺せんせー暗殺の為の超国家間プロジェクトが大詰めを迎える中、鳥間はイリーナに殺し屋を辞めて防衛省に勤務し、自分の家に住む様に告げるのだった。

 驚き過ぎてゲロ吐くビッチ先生マジビッチ。

 末永く幸せに、と言いたいところですけど、この平和なエピソードの連続が死亡フラグにも見えるのがにんともかんとも。
 シックス襲来前の静けさに似ていて、逆に緊張感を覚えます。
 ここまで徹底して不殺で来た以上、今更無いとは思いますが……えっ、無いですよね?

 このタイミングで出て来た新キャラ・ホウジョウは取り敢えずスルー。
 科学者キャラなら柳沢で十分な気もするのですが、今更出て来てどういう役割を持つのでしょう。
 まさか、シロと二代目は彼らの謎兵器の噛ませ犬になるパターンですかね。

今週の僕のヒーローアカデミア:No.63 八百万:ライジング

今週の粗筋:
 轟と八百万は、2人の弱点を見抜いている相澤にそれぞれ追い詰められる。
 だが相澤の適切な助言により、轟は八百万の可能性に賭け、八百万もまた相澤に勝利する為の作戦を立案するのだった。

 さり気なく生徒達を正解に導く相澤先生マジ先生。

 今回は『ヒーローとしての始まり』を描くエピソードじゃないから『ライジング』なんでしょうけど、ネタレベルで自信を失っていた八百万さんの復活には丁度良いタイトルだと思います。
 そもそも推薦枠だった様に、元々彼女は出来の悪い生徒では無いですからね。
 個性の汎用性は言わずもがな、自信を失った状態でも相澤先生の視界を封じるアイテムを予め準備していた手際の良さに然り、本気で戦う彼女の強さはプロにも通用するレベルの筈です。
 授業で失った自信を授業で取り返す。分かり易くてとても良い展開です。

 それにしても、相澤先生の格好良さですよ。
 教師としての立ち回りもですが、戦闘スタイルが完全にNINJAですよね。
 流石は近接戦闘に特化しているヴィランを『対策はしてる』の一言で片付けるだけの事は有ります。
 この手の作品は『生徒の方が教師より強い』パターンが往々にして有るのですが、今のところ教師達が教師達の威厳を保てているのが良いですね。マイクの人は……まぁ、アレですけど。


10月20日(火)

ゲーム:Steam Greenlightに『幼女シミュレーター』登場

 このゲーム自体は嗜好の範囲外ですが、この発想力とそれを実現した技術力&行動力にはシビれて憧れます。天才の仕業じゃろ。
 そう言えば正月にPCが壊れて以来、ゲーム作りが止まったままだなあ。う〜ん、歳を取ると情熱と集中力が減っていけませんね。


10月22日(木)

飲酒メモ

  • 本日の理由:会社の懇親会
  • 本日の面々:経営層や同僚など 合計約40名
  • 本日の飲酒:ビール×1


10月23日(金)

独り言:西川善司の3DGE:SCEJA伊藤雅康氏に聞く、PS4進化の方向性

 『Ultra HD Blu-ray』対応の話を含め、一番気になるのは

 これはあくまで「たとえば」の話として聞いて欲しいのですが(笑)、Ultra HD Blu-ray対応可能な上位モデルを設定するという対応の仕方は考えられます。

 「具体的なことは申し上げられない」と前置きをしたうえでお答えすると、x86アーキテクチャを採用した以上、そうした「必要なタイミングでの性能強化」は考えています。つまり、可能性はあるということです。むしろ考えていかなければならないでしょうね。
 (略)
 たとえばですが、スタンダード性能版PS4と高性能版PS4を提供する、そういうバリエーション展開の可能性は、考え得るアイデアです。

 という『強化版PS4登場が有り得る』という点ですね。
 強化版専用ゲームとかが出ないという前提ならば、これはとても面白い話だと思います。

 『ベースは通常版だけど、強化版ではFPS強化とかテクスチャの高解像度化に対応』みたいな事が、PS3PS4の縦マルチより簡単に実現出来る訳です。
 Windowsのゲームで環境に合わせて画質設定を変える様に、ハードの世代に合わせて描画不可を変えるだけ、というのは開発的にも楽でしょうし消費者のお財布にも優しいと言えます。

 いっそ毎年○月は新チップ版をリリース、みたいなサイクルを作っても良いんじゃあないでしょうか。
 数年置きに過去の資源(ソフト)が使えなくなるリスクを背負ってハードを一新するより余程楽ですよね。


10月24日(土)

ネットで発見:ジョジョの奇妙な冒険第4部『ダイヤモンドは砕けない』テレビアニメ化が決定

 あわ、わわわわわわ(←嬉し過ぎてどうにかった図)。


10月25日(日)

独り言:タブレットでDQ10

 ふと『DQ10ならYOGA Tablet 2でイけるんじゃないだろうか』と思い付き、インストールしてみたところ無事に動作を確認しました。
 流石に描画レベルは大分下げましたが、これと言って問題無くプレイ可能です。
 調べた結果Windowsタブレット向けのDQ10向け仮想ゲームパッドまで存在している事が分かり、これを導入したら更に快適に遊べる様になりました(まだまだ馴れは必要そうですけども)。
 おやおや……これは出張先でも捗るかも知れないなあ……。俄然Windowsタブレットの強みが出て来た感じがしますぞ。


10月26日(月)

今週の暗殺教室:第161話 プライドの時間

今週の粗筋:
 新手の殺し屋と思しき面々に絡まれた渚達だったが、カルマが殺せんせーに教わった通り謝罪する事で事無きを得る。
 カルマは己が引く事に対するストレスを感じつつも『皆が無事だった』という結果に安堵するのだった。

 漸くカルマ君が少し大人になるの巻。
 遅過ぎると言うか、この後に及んで一般人を殴ろうとするのは幾ら何でも幼稚過ぎる気がしますが。
 ぬオジサン戦で成長していた様に見えたのになあ。気の所為だったか。

 それより、前回登場したホウジョウは殺し屋だったのですね。
 あの顔立ちで科学者という事も無いだろうとは思いましたけど、今更『鳥間以上かも知れない殺し屋』のキャラが来るとも思っていませんでした。
 今の今まで各国政府がこんな強力な駒を伏せておく余裕を持っていたとは考えられなかったですし、何より漫画的にも殺し屋の最高峰として『2代目』が出ていますからね。
 強そうなのは良いんですけど、『今出て来る』説得力が(今のところ)無くて少し拍子抜けしました。

 アレですかね、着々と死亡フラグを立てている鳥間・ビッチ先生・律の何れかを仕留めるとか、そんな憎まれ要員ですかね。それなら納得し易いんですけど、2代目でも十分ですよねえ。

今週のONE PIECE:第804話 “象の背の国の冒険”

今週の粗筋:
 登象中のアクシデントで錦えもんとカン十郎がはぐれてしまったものの、ルフィ達はゾウの背の国に辿り着く。
 だがその国は何者かによる破壊の爪痕が色濃く残り、また突如襲来したミンク族は何故かナミの服を着ていたからさぁ大変。

 錦えもん達と別行動になるにしても、もう少しやりようが有ったんじゃ?と思わざるを得ない位無茶な展開。
 何で唐突に目隠しですか。

 さて、ここで新しい種族・ミンク族が登場。
 今回出て来たのは犬と兎がベースっぽいですけど、種族してこうした獣人が存在するとなると、ゾオン系……と言うよりチョッパーが何だかアレです。
 もしかしてローの仲間のペポも、ゾオン系とかじゃなく単にミンク族だったりするんですかね。

 ナミの服云々については、多分貸しているだけだと予想。
 メタで申し訳ないですけど、今回の2人は味方サイドっぽいデザインですし。

今週の僕のヒーローアカデミア:No.64 課題ズ

今週の粗筋:
 八百万の作戦で相澤を捕らえた轟ペアは、A組最初の条件達成チームとして全体に放送される。
 だがその吉報が流れる中、他ペアの多くが苦戦を強いられ、緑谷と爆豪もオールマイトに封殺されるのだった。

 オールマイトの圧倒的ボスオーラ。
 少年漫画では敵から寝返った仲間に対して『味方だとこんなに心強いヤツは居ない』的な評価をしたり、逆に強烈な味方に対して『敵じゃ無くて良かった』と言ったりするシーンが屡々有りますが、このオールマイトは正にその類の体現ですね。
 世界最強のヒーロー。味方ならばこんなに頼もしい存在は居ないけれど、一度敵に回れば勝てる気がしない絶望を振りまいています。
 あんなの勝てる気しないわ。

 と、ラストのオールマイトに目を奪われてしまったものの、復活の八百万さんが大変魅力的で。
 何だかんだで『何処か抜けてる天才』というポジションは維持しつつ、天才の天才たる所以を見せ付ける事に成功しました。

 しかしあの『創造』は、事前に心の準備をしていないと中々グロいと言うか、見た目が結構アレな能力ですね。
 幾ら美人でナイススタイルでも、無表情で身体からモノを生み落としまくる様は半分ホラーです。
 やりようによっては、その姿だけで敵を威嚇出来るかも知れませんね。フォースカインドと組んで、ぼろぼろ鈍器を生みまくるとか。想像するだけで結構怖い。


10月27日(火)

飲酒メモ

  • 本日の理由:広島への出張につき
  • 本日の面々:上司や同僚、パートナー会社の方々 合計約30名
  • 本日の飲酒:ビール×1、カシスオレンジ×1

 折角の広島なので、バッチリお好み焼きを食べました。但し、3次会でですが。うっぷ。


10月28日(水)

飲酒メモ

  • 本日の理由:大阪への出張につき
  • 本日の面々:上司や同僚、パートナー会社の方々 合計約50名
  • 本日の飲酒:カシスオレンジ×2

 折角の大阪なので、バッチリ串揚げを食べました。今日は何とか2次会止まり。はぁ。


10月29日(木)

独り言:タブレットで続・DQ10

 承前

 今回の広島・大阪出張で早速『YOGA Tablet 2』が活躍。
 ホテルのスループットが貧弱な無線LAN環境でも問題無く動き、昨日行われた『DQ10』の大型アップデートも当日中に遊べました。

 持ち運びが容易な上に無線LANさえ有れば遊べるという点で『DQ10』端末として非常に良いタブレットです。
 惜しむらくは負荷を軽くする為にフレームレートを30まで落とさざるを得ないという点でしょうか。
 60fpsに馴れると、30fpsは解像度が低い以上に辛い物が有ります。遊べるだけ良いのですが。良いのですが。