a 適当。

1月25日(金)

ゲーム:バイオハザード RE:2

 『BIOHAZARD 7』の時は、グロテスクバージョンを買ったのに色々と規制が入ってて少し残念だったので、今回はGamesplanetで北米版を買いました。
 しっかり日本語版が入っているのに、一寸安いし頭も爆ぜるし内臓も出るし良い事尽くめ。

 という事で、取り敢えずレオン編を2時間程度プレイしました。

 

 フルリメイクというだけあって、確かに色々と変わっています。
 ビジュアルが凄いとか、操作感が違うというのは勿論、レベルデザインや物語の構成も大きく変わっているので、オリジナル版の知識は殆ど役に立ちません。

 誤解の無い様に書いておくと、オリジナル版の要素も残ってはいるんです。
 残っているけれど、何かしら変わっているケースが多い、という感じですね。
 例えばアイツが窓を横切るシーンが別の場所になっていたりとか、そんな具合に。

 

 暗い場所の探索が多い、敵が多い割にタフ、弾数が少ない、たまに音でビビらせに来る(これ本当にやめろ)等々、おっかなびっくり要素には事欠かないので、今のところ新生サバイバルホラーを十分に満喫しています、
 レオン・クレアそれぞれの表裏もオミットされず残っているみたいですし、予想以上に楽しめそうな予感。


1月27日(日)

備忘:本日のS.M.A.R.T.

  • 内臓SSD:正常 40℃
  • 内臓HDD:正常 28℃


1月28日(月)

今週のブラック・クローバー:ページ190 行け!!!!

今週の粗筋:
 黒の暴牛メンバーの元に、フエゴレオン、メレオレオナ、ノゼル達が集結する。
 暴牛は団長達とアスタを先に行かせる為、襲来したエルフ達の足止めを引き受けるのだった。

 姐御レオン、あっさり復活。
 この人マジで凄いな。やっぱりべらぼうに存外に凄い。
 魔法帝の規格外っぷりも大概でしたけど、この人もこの人で人間を超越している感じがします。
 どう見ても姐御>フエゴなのに、サラマンダーがフエゴを選んだのは、『姐御は単騎で大丈夫』と思ったからに違いない。

 そんな姐御達の集結の影で、存在感をアピールし始めたネロ。
 黒幕っぽい気配を醸し出しつつも、これまでアスタを石や剣に導いて来た行動は真リヒト様に通じるものも有り、むしろ黒幕と敵対する存在にも見えます。
 常に王道をいくこの漫画の特徴を踏まえると、『実は黒幕』『実は味方(美形で強い)』はどちらも有り得そうですが――ハッ!まさか、実は次元や時間を跨いだ悪を監視する組織の一員では……!(DQX感)

今週の僕のヒーローアカデミア:No.214 ぼくらの大乱戦

今週の粗筋:
 A組とB組の試合が再開する中、先代継承者の言葉で落ち着きを取り戻した緑谷は、新個性『黒鞭』を発動させるのだった。

 扉絵格好良いなあ。

 さておき、遂にO.F.A.をコピーした物間君ですが、『スカ』で終わっちゃいました。
 一段落付いたタイミングですし、ここで壮大な骨折芸を披露するかと思いましたけど、緑谷程のパワーは無かった模様。
 言われてみればその通りで、O.F.A.は継承者達の力が乗っているからこそ強いのであって、本人の力しか無い物間君が使ったところで、碌なダメージを出せないのは必然でしたね。

 それに、幾ら言動がアレだとは言え、彼のここに至るまでの努力を思うと、O.F.A.コピーからの大怪我というオチは、不憫と言えば不憫です。
 ギャグっぽくやれば笑えるでしょうけど、幾らでもシリアスに出来ちゃう内容でも有るんですよね。
 不発で良かったんだ、彼も皆も。


2月1日(金)

ゲーム:バイオハザード RE:2

 今回、Sランクを取る条件は、表の場合スタンダード(難易度:普通)はクリアタイムが3時間30分以内、ハードコア(難易度:難しい)は2時間30分以内で、更にハードコアはセーブが3回以内なら『S+』になるというお話。

 く……悔しいです……ッ!!

余談

 昔の自分なら、1周クリア後にすぐ2周目に挑めば、喩え難易度が一段階位上がっても1回でS取れただろうになあ……と、老いを感じました。
 少しだけ切ない。


2月3日(日)

備忘:本日のS.M.A.R.T.

  • 内臓SSD:正常 38℃
  • 内臓HDD:正常 28℃


2月4日(月)

今週のブラック・クローバー:ページ191 突入影の王宮

今週の粗筋:
 影の王宮に突入したアスタ達はそれぞれ分断されてしまう。
 ミモザとペアになったアスタの前に現れたのは、エルフ化したリルだった。

 アスタさんがラッキースケb……いや、あれは普通に痛いな。

 自分達は分断された→ボスの下へ向かうには個別撃破が必要、という説明の流れが、ゲームとかギャグ漫画っぽくて少し笑いました。
 『ジャガー』とか『斉木楠雄』とかで見掛ける、『何ー!じゃあ●●する為には●●をしないといけないという事かー!』みたいに分かり易く解説してくれるアレ。説明ご苦労。

 しかし、ファナも絶望おじさんも、因縁対決はしないんですね。
 以前戦った相手との再戦になるかと思ったので、少し意外でした。
 が、これは予想外の助っ人が来るフラグなのかも知れません。ヴェットには海底神殿メンバー、ファナにはダイヤモンドのメンバー、みたいな。

 個人的には、絶望オジサンにはアスタが対峙して、『供養が足りなかったのか』というギャグをやって欲しかった感。

今週のONE PIECE:第931話 “おそばマスク”

今週の粗筋:
 レイドスーツを来たサンジは、『おそばマスク』としてページワンを翻弄する。
 その頃、チョッパー達は浜辺に辿り着いたビッグ・マムを発見するも、彼女は難破のショックで記憶を失っているのだった。

 よりによってサンジがステルス機能をゲットしたのも衝撃的でしたけど、ビッグ・マムの記憶喪失に全て持っていかれましたね。
 いや凄い。ただでさえ今後の展開が予想出来ないのに、これで更にカオスになった。

 記憶が無い=敵意がリセットされ危険度が下がった様に思えますが、如何せん彼女は子供の頃からアレですからね。
 無邪気に食欲のまま動くだけで十分な脅威になります。
 ましてワノ国は花の都以外は食糧難に苦しむ状況で、ビッグ・マムが暴走する切っ掛けなんかどこにでも有る。
 とんでもない爆弾を抱えてしまいましたね、これは。

今週の僕のヒーローアカデミア:第215話 最終局面!緑谷VS心操!!

今週の粗筋:
 物間の『仕掛け』で緑谷に隙が生じるが、A組の面々はこれまで培った経験と地力によりB組に勝利するのだった。

 言動がアレな点さえ除けば、物間君はつくづく優秀ですね。
 今回の最後っ屁とか、『ジョジョ』なら主人公勢がやる様な戦い方でしょう。
 相手が緑谷君でなければ、逆転の有効打になった可能性は結構高いです。

 なんて、それを言ってしまえば、この勝負はA組メンバーが強過ぎたというのも有るんですけどね。
 フィジカルか機動力(或いはその双方)に優れた連中が揃っていましたからね。
 まして緑谷君が謎の個性に目覚めた中で、一時的とは言え追い詰めた事自体が凄い。
 双方株が下がらず、良い勝負だったんじゃあないでしょうか。


2月5日(火)

今月のワールドトリガー:第174話、第175話

 もう少し掛かるかと思ったRound7が決着。
 雄英の対抗戦の様に、どの部隊も株を落とさない面白い戦いでしたね。
 解説されなかったメンバー含め、負けた部隊も全員それぞれが活躍していましたから。
 中でも一際ヤバかったのは、やっぱり東さんでしたけど。

 東兄貴の戦術が!『言葉』でなく『心』で理解出来た!
 戦術で戦うって思った時は 兄貴ッ!相手の戦術レベルは計算に入れているんだね!
 と、言いたくなる程、それはそれは見事な変わり身の術にございます。

 ヒュースの能力把握から、その実力を逆手に取った罠を仕掛けるまでが速過ぎる。
 この人、厚みだけならヴィザ翁と互角クラスなんじゃないでしょうか。
 そりゃ他部隊が団結して叩かないと落ちない訳だわ。

 そんな不動の東さんに比べて、二宮さんのチョロさと来たら。
 前回もスマホで結果を見たりしていましたし、何だかんだで玉狛を気にしている感がお茶目で良いですね。
 絶対クーデレに類するタイプだわ、この人。


日記ログ

2004年:1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2005年:1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2006年:1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2007年:1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2008年:1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年:1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年:1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年:1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年:1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年:1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年:1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年:1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年:1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年:1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年:1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年:1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月


メールフォーム

名前
メールアドレス ※ 返信必要時のみ
コメント
転載可否
 


OXETINE オキセチン