a 適当。

2月22日(金)

飲酒メモ

  • 本日の理由:自分の送別会
  • 本日の面々:同僚や部下 合計約40名
  • 本日の飲酒:カシスオレンジ×3

 自分が送られる側になるのは何年ぶりでしょうね。
 今の業務に全く飽きが無かった……と言えば嘘になりますが、まだまだやりたい事も有ったので無念さが拭えません。
 それと、今の部下達と分かれるのが寂しかったりもする。

 と言うか、変化を望む性格じゃあないので、単に面倒ですね。
 また色々覚えたり人間関係構築し直すのも超面倒なんですけどー。


2月23日(土)

アニメ:ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 Episodio 20 ボスよりの最終指令

 遂にブチャラティがディアボロと対面。
 アニメ版も折り返しに来ましたね。

 ディアボロと言えばやはり『キング・クリムゾン』ですが、その『時間を消し飛ばす』能力は未だに謎が多い……というか、解釈に困る能力として有名です。
 個人的には、『時間を消し飛ばす』能力自体に2つのモードが有り、状況如何で使い分けている、と考えています。

 その1つ目が、『結果だけが残る』という能力。
 いつの間にかお菓子を食べていたり、気付いたら猫ちゃんが通り過ぎていたり、というアレですね。
 このモードの特徴は、『結果が残る=認識出来ないだけで過程も起きている』という点に有ります。

 前述の例で言えば、消し飛んだ時間の中でも『(無意識に)お菓子を食べる』、『猫が通り過ぎる』という過程自体は起きており、その結果としてお菓子が口の中に有り、猫の足跡が残る訳です。
 これは『ディアボロ以外が数秒間無意識になる能力』と言い換える事も出来ます。

 詰まり、認識されないだけで『過程』が有るので、ディアボロが過程に介入出来るのです。
 DIOがジョセフにトドメを刺そうと近付いた時の様に、周囲が認識出来ないのを良い事に自分だけはやりたい放題出来ます。
 彼が2度に渡って披露した手首切断芸は、この特性を用いたものでしょう。

 一方、もう1つのモードは『過程を無くす』事が出来る力です
 ディアボロが攻撃を受けた際、当たる瞬間の時間を消し飛ばす事で回避したアレですね。
 これは正に『時間を消し飛ばす』という表現通りの代物で、本来有った筈の過程を飛ばし、結果を変化させるものです。

 屡々、『連続するフィルムの一部を切り抜く能力』と表現される事も有りますが、結果自体が変わる為、フィルムを切り抜くどころでは済まない能力だと思っています。
 攻撃を躱す時に使った例を元に考えると、お菓子を食べようとした瞬間にこの能力を発動された場合、お菓子は『口に入った』過程が無くなって地面に転がってしまう筈です。

 この能力は『過程』が消え去るので、良くも悪くもディアボロが周囲に干渉出来なくなると推測されます。
 彼が弱者相手には手首を斬って殺そうとするのに、スタンド使いが相手だと目潰しに徹しようとするのは、念には念を入れて反撃の可能性を0にする為に、この能力を使っているのでしょう。
 一々慎重なディアボロならではの、割り切った能力の使い方です。

 で。
 『キング・クリムゾン』の能力がシーンで違う事、ディアボロが相手を殺さず目潰しではしゃいでいる理由を、上記の様に考える事で納得していたのですが、仮に2つ目の能力を使っていた場合、おフランス式キング・クリムゾン見破り法が成立しない事(血が付いた事実が消える)に気付き、振り出しに戻ってしまいました。
 そもそも、『過程を吹っ飛ばす』って哲学的過ぎない?と。
 何で『銃弾が当たった結果』は消し飛ぶのに、銃弾がそこまで進んだ結果は残んねん、と。

 凄みか……。これはもう『凄み』で解決するしかないのか……。


2月24日(日)

備忘:本日のS.M.A.R.T.

  • 内臓SSD:正常 39℃
  • 内臓HDD:正常 30℃


2月25日(月)

今週のブラック・クローバー:ページ194 業腹

今週の粗筋:
 苛立つリルに差し入れた食事を捨てられた怒りで、チャーミーが覚醒する。
 ドワーフとの混血である事から発生した『食魔法』で絵画魔法を圧倒するのだった。

 先週、パイセンのロールは『MP回復要員』と書きましたけど、まさかのアタッカーでした。
 流石パイセン、頼りになる……って、幾ら何でも唐突過ぎるわ。

 これまで何の前振りも無かったじゃあないですか。
 と言うか、ただでさえパイセンは『MP回復』に加え『質量無視の捕縛』という、補助役としては相当強力な特性を持っているのに、更にパワーまで与えるなんてバランス崩壊にも程が有る。
 お陰で、黒の暴牛が更にヤバい組織になりました。

  • 空間を斬れる団長
  • 魔法に加え因果まで斬れる様になったフィジカルモンスター
  • エルフの上半身を吹き飛ばす魔力を持つ王族
  • 稀少な空間魔法の使い手
  • タフネスが取り柄のグラサン童貞
  • 雷と同化し高速移動するバーサーカー
  • 分身、魔法の反射、レーザー攻撃が出来るシスコン貴族
  • 敵の攻撃を増幅・反射出来るトラッパー
  • 因果操作で味方への攻撃を100%回避出来る魔女
  • 魔法の属性を自由に変えるコピー使い
  • 周囲のMPをオートで吸収するヴィクターI
  • MPを無限回復出来る上に敵の魔力を自分のパワーに変換出来るギャグ要員 ← NEW

 最早ほぼ全員がボスクラスじゃないか。
 因果律に干渉出来る団員が2人も居るってどういう事よ。

 ……マグナ先輩はもう少し強化してあげても良いかな。

今週のONE PIECE:第934話 “花のヒョウ五郎”

今週の粗筋:
 ナミ達、サンジ達はそれぞれ無事に危機を脱し、それぞれ次の目的を決める。
 一方のルフィは、ヒョウ爺を助ける為に再び看守に挑むが、大荒れの監獄へクイーンが訪れるのだった。

 ビッグ・マムが死んだ(or死ぬ)前提で、跡目の話をし始める子供達が意外と淡泊。
 ペロスペローでさえそうなんですね。
 何だかんだで家族愛は有るメンバーだと思っていたのですが、まぁ、風船の子とかアホ丸出しでしたし、こんなものなのかな。

 今後のキーマンになると思われたヒョウ爺は、おでん統治時代にヤクザとして名を馳せた『花のヒョウ五郎』だった事が判明。
 ヤクザという位ですし、暴力を振るう事も有ったのでしょうが、言動を見る限りは尾田っちの好きな任侠系の人物の様で、根からの悪人ではなさそうです。
 狂死郎との関係が気になるところですけど、先ずはクイーンをどう切り抜けるかに注目かな。
 唐突に出て来たゾロの『スナッチ』も、一旦スルーの方向で。


2月26日(火)

飲酒メモ

  • 本日の理由:自分の送別会
  • 本日の面々:同僚 合計4名
  • 本日の飲酒:カシスオレンジ×3


2月27日(水)

飲酒メモ

  • 本日の理由:自分の送別会
  • 本日の面々:友人 合計6名
  • 本日の飲酒:カルピスサワー×2

 3月から住む家が今日漸く決まりました。
 いやはや、うちの会社はいつもギリギリ過ぎるわ。


日記ログ

2004年:1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2005年:1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2006年:1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2007年:1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2008年:1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年:1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年:1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年:1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年:1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年:1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年:1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年:1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年:1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年:1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年:1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年:1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月


メールフォーム

名前
メールアドレス ※ 返信必要時のみ
コメント
転載可否
 


OXETINE オキセチン